スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ご挨拶
雇われデザイナー(?)によるインドアブログです。主に奥さん、友人たちとのボードゲームプレイ日記を書いていく予定。



テーブルゲームの面白さが少しでも伝わるような内容になるよう、楽しく更新していきます!

★勝手にリンクを貼らせていただいております。
 お怒りの方はコメント欄等にご一報いただければ助かります。また、当ブログはもちろんリンクフリーです。
 
スポンサーサイト
[2030/12/31 23:55] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
メカトロウィーゴ!
わが家には積みゲーがないのが自慢だが、プラモがゴロゴロ転がっている。

ロボ大好きなのでつい買ってしまうのだ。

今日は最近写真にハマっているだんしゅが「ロボを撮りたい」と殊勝なことを言い出したので、早速カワイイと評判の「メカトロウィーゴ」を組んでみた。

組み上げて軽く塗装した写真。黄色い方がだんしゅ作、赤いほうがはもげ作。


スナップフィットなのでサクサク組める。

素組みしたのがこちら。

集中すれば2時間かからないくらい? できあがりもこぢんまりしてかわいい「メカトロウィーゴ」のできあがり。ここから手足に金属風の塗装をして冒頭の写真になる。

これはカスタマイズに凝りたくなるな~。次は白っぽいのが欲しい。

さて実はこのプラモ、人物モデルも付いてくる。
なんかTRPGとかに使えそう。というゲーム脳なのであった…。

[2017/01/21 17:11] | 工作 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
マンマミーア!
あけましておめでとうございます。
今年も楽しくゲームできますよう。

先日買った『マンマミーア!』をプレイしてみた記録。カード中心のこのゲーム、作者は駒ジャラジャラで有名なアグリコラを作った「ウヴェ・ローゼンバーグ」だそうだ。ゲーム作家ってすごいな。

【ルール概要】

ピザを焼くゲーム。一番多くピザを焼いたプレイヤーの勝利だ。

ピザ窯は全プレイヤー共通なので、みんながレシピに書いてある材料(サラミ・ペパロニ・オリーブ・パイナッポー・マッシュルーム)を放り込んでいく。ポイポーイ。

これはオリーブ。煮豆ではない。

「材料がそろったかなー?」というころに、だんしゅがレシピカードを窯に放り込む。ポーイ!

さっき入れたオリーブがあるから完成するだろうという目論見だろう。

窯の中身は最後に確認して、レシピを入れた時点で材料が足りているかをチェック。足りない材料は手札にあればこっそり追加できる。

写真は窯の中身を確認中。これははもげが入れたパイナッポーピザが完成したところ。酢豚にもパイナッポー入れないのに、こんなん実際に見たら発狂する。

ここまで読むとなんだか単調な感じがするが、思い出して欲しい。

ピザ窯は全プレイヤー共通なのだ。
つまりは入れた材料だってみんなで共有なのだ。

※レシピは各プレイヤーの色になっているのでちゃんと判別可能

足りていただろうと思っていた材料を他人が使ってしまう! 窯担当の料理人が相当ズボラなのか、レシピが来たらとりあえず焼いてしまうのだ(笑)

ゲーム中にみんなが窯に入れた材料の枚数と、途中で入れられたレシピに使われる材料の数を差し引きして…。手札から最後にアレを足して…。

そんなに覚えられるか!

ゲーム中は
だんしゅ「あぁ、1枚足りない…あと1枚が…なんてこった!」
はもげ「さっきのだんしゅのミックスピザに全部材料使われた! なんてこった!」
だんしゅ「考えすぎて脳がズキズキする…。なんてこった!」


など、楽しく絶叫できるシステム。ガチガチの記憶ゲームとして遊ぶより、やっぱりピザはパーティーライクに楽しんだほうがいいと思う。

2人でプレイしても楽しかったので、ぜひ多人数でやってみたい! そしてゲーム後はタバスコをジャブジャブかけたピザを食べてこう叫ぶのだ。

「マンマミーア(なんてこった)!」





[2017/01/15 17:07] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ボドゲを買いに
今日は午前中は家の掃除&片付け。師走っぽいことをしてみた。

だんしゅが棚から引っ張り出した、不用品の異次元的物量に「これがあの棚に収まってたの?」と慄きつつ、なんとか終了。

午後はかねてから噂のあったとある店舗へ。
それは「ゲオ 都城上東店」!


そこで手に入れたのは、なんとボードゲーム!!

今年は『ナヴェガドール』で最後と決めていたのに、嬉しさのあまり購入したのがこのゲーム。

『街コロ』はだんしゅ、はもげは『マンマミーア!』を購入。

2人して不思議なテンションで、ボドゲの棚を舐め回すように物色。かなり挙動不振だったと思う。

結構新作もあって、感動の品ぞろえ。※写真は一応店員さんに声を掛けたけど、怒られたら消します

レジで「取り扱いは時期限定」ですか、と聞いたところ「今のところ常設です」とのこと。

まさか都市圏に行かずにボードゲームが買えるとは…。みんなも買い支えて、売り場を定着させようぜ!だんしゅも念願の街コロが買えて(友人が持ってるので、買い控えてた)ホクホクだった。

というわけで、「ゲーム会」には行かず、「ゲーム買い」に行ったというお話。

ではみなさん、よいお年&ボードゲームを!
[2016/12/25 18:21] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
ヴィア ネビュラとナヴェガドール
今日はお呼ばれされたので友人宅でゲーム会。
『ナヴェガドール』がやりたいとのことでインストしつつ、さらに『ヴィアネビュラ』もプレイさせていただきました。

以下ゲームの感想や備忘など。
ナヴェガドールは以前記事にしたので、書いていないヴィアネビュラから記しておきます。

【ヴィア ネビュラ】

ネビュラ村を開拓しながら、自分の施設を建てて勝利点を稼いでいくゲーム。こう書くとなんだか味も素っ気もないですが…。※説明のために一部過去にプレイした際の写真が混ざっています

実はこのゲーム、盤上のもののほぼ全てが全プレイヤー共有です!

例えば自分が産出した資源(写真だとグレーの石石)は、他プレイヤーも施設建設に使用可能。

また、他プレイヤーが敷設した道を、自分が使うことができます。

全ての要素が「緩やかな相乗り関係」にあるわけですね。

さらに産出した資源を使い切れないとペナルティ(勝利点減点)があるため、「自分も使って」「他プレイヤーにも使ってもらえる」場所に資源を産出したい!

自分だけが得をしない(できない・したくない)という一風変わったゲームです。おもしろい!

「ここに自分のために道を敷くよ」
「わーい、こっちも恩恵が! ありがとう


「この資源使われたくないけど、自分が使いたいし…」
「やったー! いいところに小麦が産出された!」


ゲーム中は、協力ゲームのようなやりとりが行われます(笑)

ゲーム序盤はジリジリとした「自分に有利な場所選び」が展開しますが、中盤以降はマップ上が道路で繋がり資源の運搬も活発に。

終盤ではあっという間に建物が建ち、ゲームがきっちり収束して終わります。


コンポーネントも豪華で収束性も抜群。マップが出来上がっていくワクワク感もいいですね!

これはかなり楽しいですね~。2度目のプレイでしたが今回も楽しめました! ちなみに僕の結果は4人中4位…奉仕しすぎたかな~?←負け惜しみ


【ナヴェガドール】

大航海時代の交易者となって、航海と貿易で勝利点を稼ぐゲーム。以前も記事を書いたので細かいことは省きます!

初の4人プレイでしたが、大人数の思惑が絡み合うとおもしろい!

市場の相場は乱高下、新たなエリア進入タイミングの探り合い、どの分野で勝利点を稼ぐかなど、2人時とはひと味違ったプレイ感。

植民地を得るために航海する→航海のために施設を建てる→施設を建てるためにお金を稼ぐ→お金を稼ぐために植民地を得る…


破綻のないサイクルとテーマ、独特のアクション選択システム(ロンデル)を十分に楽しんでもらえたようです! ちなみに僕の結果は4人中3位。

うまく市場をコントロールできていたプレイヤーさんが強かった…。あとは、航海特化のプレイヤーさんも勝利点が突き抜けていましたね。僕は…僕は…。

プレイ中にいくつか説明抜けがあり、大変失礼しました。次回以降は多分…大丈夫…?


というわけで今回もお邪魔しました! あっという間の4時間、大変楽しかったです。

懲りずにまたお声かけください~。










[2016/12/04 21:26] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。