『モンスターメーカー』を遊ぶ
以前購入していた『モンスターメーカー』を遊んでみた。


【ゲーム概要】
モンスター召喚士となってダンジョンに潜り、お宝を目指して進んだりモンスターを召喚して相手を妨害したりするゲーム。


深さ100のダンジョンを、最奥部目指して進んで行く。移動できるのは手札から出した移動カード分の数字。写真だと20が2枚で40進んでいることになる。さらに相手に召喚されたモンスターによって進路が塞がれている…。

このモンスターを倒すのに冒険者たちの力を借りることになる。自分の手番に戦闘を宣言して、カードに書かれたダイスを振り、合計値がモンスターの体力を上回れば無事撃退!


この場合ダイスを2個振れてボーナスが少しついた冒険者(2d+x)が2人。いけると思ったけどダメだった…。

はもげ「使った冒険者カードは捨てなきゃいけないんだよなぁ。さらばみんな…」

というわけで次の手番にモンスターを迂回。超えられない壁なら回り道! 人生の縮図のようだ。


だんしゅ「いいなー、迂回路!」

そんなこんなでプレイヤーの誰かが最奥部に到達すると、今度は出口まで帰ってこないといけない。しかも、進んだ分になるべく近い数字で帰ってこないと若干ペナルティがある!

往路で100進んだので、帰りもピッタリ100で帰還したいが…。

復路でももちろんモンスターを召喚して相手を妨妨害できる。というわけで、くらえ俺の秘蔵のドラゴン!

だんしゅのダンジョンに強大な力を持つドラゴンを配置したが、超強力な冒険者が単騎で撃破してしまう。

だんしゅ「この人強い! やったね」

道中で手に入るお宝は武器だったりすると、戦闘に使うこともできる。というわけでドラゴンもあえなく退場…。

はもげ「さらば、俺のドラゴン…」

結局最後はだんしゅが一足先に帰還! 持っているお宝の価値を合計して、そこからペナルティ(帰還できなかったとか、戻りすぎたすぎたとか)を差し引いてスコアをつけて…多くスコアを稼いだ、だんしゅの勝利!!

悔しかったのでもう一戦やってみた。

順調に行って帰ろうとする、だんしゅ。はもげはちょこちょこモンスターを召喚して妨害するも、やはり撃退される(笑)。


途中からは妨害作戦を変更して、寄り道しまくる作戦のはもげ。お宝にも価値のバリエーションがあるので、なるべく高い価値のお宝を担いで逃げ切る作戦だ。

だんしゅ「あー、間に合わない! くやしー!」

よし、今度は先に帰還したぞ!

というわけで、スコア計算…はもげが無事勝利した。七転び八起き、まさに人生の縮図のようだ…。行き詰まったら作戦変更やで!


プレイ時間は短くサクサク進み、見た目も華やか。何よりイラストがとてもいい。

手札はランダム、戦闘もダイス目次第とゲームバランスは運要素が強めだが、雰囲気と手軽さでは抜きん出た完成度ではないだろうか。

今度はダンジョンボードを自作して、各プレイヤーの進み具合をわかりやすくしよう。

だんしゅも「せっかくキャラがかわいいし、もっとたっぷり戦闘したり潜ったりしたい! 次はダンジョンの深さ200でやろう」というコメント。2人でプレイするときはそれもアリだなー。

よし、今度はもっと深く潜るぞ! 深入りしすぎて戻れなくなりませんように…。

[2018/02/10 23:24] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『世界の7不思議:デュエル』をプレイ
年末も押し迫った大晦日、ボードゲームが届いた。

その名も『世界の7不思議:デュエル』だ! 名前の通り2人用で、自分の国を発展させながら7不思議(ピラミッドとか空中庭園とか)を建てて勝利点を稼いでいくゲーム。早速だんしゅとプレイ!



建物は資源を産み出してくれるが、手に入れ方法には制限がある。

建物カードの並びが独特で、上に他のカードが乗っているとそのカードは取れない。

というわけで、先を見越してカードを手に入れないと、いいカードは相手プレイヤーに取られてしまう。ときには自分が取りたいカードよりも相手に取られたくないカードを優先して、廃棄してしまう、という戦法も視野に入れていく必要がある。

いくつか建物を取った、わが国家。戦争の要素(一定数武力がたまれば即座に勝利)もあるので、そちらに舵を切ろうとして資源が手薄。いつもやらかすブレブレ路線だ(笑)

足りない資源は購入もできるが、相手プレイヤーの産出量で上振れしていくため、やっぱり自国で産出したい。

と気づいた頃には時すでに遅く、迷走大国ができあがってしまった。7不思議も1つ建てたが…。

戦争による勝利を放棄して科学的勝利(車輪や測量など特定のマークが書かれたカードを、6ペア取得)に方針転換したが、時すでに遅し…。

だんしゅ「いつもブレるけど、なんかのコダワリ?」
はもげ「そんなコダワリはない」


結果はだんしゅ61点、はもげ35点という大差で敗北。だんしゅは堅実に資源を産み出し、7不思議も3つ作るという大偉業。どんなスーパー国家だよ。ローマかよ!

終わるころに祇園精舎の鐘(除夜の鐘)も鳴り響き、諸行無常の響きあり。栄枯盛衰のことわりを表すようだった。

そもそも栄えてないけどな!

ゲームは細々した補足ルールがあるものの、アイコンで覚えてしまえばシステムは簡単。

読み合いも含めて奥が深く、自分の手元には王国が作り上げられる楽しみもあり、テーマとよくマッチしていてとても楽しい! 2人用の傑作じゃないだろうか。

次はきちんと考えながら盛者になってから必衰してみたいものだ…。
[2018/01/03 21:35] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今年はボドゲ買ってないなあ…(嘘)
最近とんと更新しなくなったこのブログ。

ボードゲーム自体はむしろやる機会は増えているのになぜ…答えはボドゲ環境が激変して、もはやボドゲがプレミアムな趣味ではなくなりつつあることだ!

会社の先輩がボドゲにハマり、昼休みには楽しくボドゲ。

職場の近くにボドゲができるゲームショップがオープン。

まだまだ新参の僕ですが、こんなステキな環境の変化でブログを書いている暇がなかったんだよ(仕事が忙しくなったのもある)!

ちなみに今年のホットトピックは、まともにプレイできていなかった『カタン』をちゃんとプレイできたこと。やっぱり、傑作だ…。



あとは先輩のおかげで『カルバ』『マジェスティ』なんかもプレイできたし、ゲームショップでは『狂気山脈』なんかもプレイできた。このゲームはリプレイしたいなー。ちょっとグダッとなっちゃったから。

年末に向けて実はボドゲ2つも注文しちゃったし、TRPGのシナリオもできてるし、来年は僕が2人になればいいのに!

というわけで、来年はもっとブログが書けるように、さらにエンジョイしていこうと思う。

ボドゲって、本当にいい趣味ですね!


[2017/12/24 21:30] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
キングドミノで遊ぶ
台風接近で外出もできないので、自宅で『キングドミノ』を遊んだ。



【ゲーム概要】
5×5の王国を作ろう!

自分の王国に配置できるのは、隣り合う地形が同じ(草原、牧場、森など)ものだけ。さらに、得点としてカウントできるのは王冠が描かれたタイルだけ!


タイルは共通の場からみんなで奪い合い!


というシンプルなゲーム。

王国を作ることに集中しすぎると、うっかり王冠タイルを取り逃がしたりする。かといって王冠タイルを優先すると、あとあと地形がハチャメチャになったりする。

タイル選び、配置など悩みどころもしっかりあるけど、ライトなプレイ感!


1戦目はキッチリ王国を埋めた、だんしゅが勝利。


だんしゅ「わーい、全部埋まると気持ちいいね!」


ハモゲの王国は本当にハモゲに。計画なくタイル配置したので、最後の方で置けないタイルを泣く泣く捨てることに…。

タイル選びもだが、配置に気を遣わないと点数にならないことに気づく。

2戦目では手堅く埋めたハモゲが、運良く王冠マークのついたタイルを集めて勝利!

ハモゲ「ほんとや、全部埋まるとキモチイイ!」

僅差で負けただんしゅ、タイルに描かれたドラゴンたちに興奮気味だった。

だんしゅ「すごーい、こまかーい、かわいい!」

各々がそれぞれの王国を楽しく作れるため、勝敗がさほど気にならないのもいいポイント。

コマやタイルといったコンポーネントも初心者にも良さそうなゲーム。

とりあえず、王国がハモゲにならないように気をつけよう。



[2017/09/17 16:01] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
CLANK!(クランク)で遊んでみた。
先日海を越えて届いた『CLANK!』を遊んでみた。



【ゲーム概要】
みんな大好きダンジョンのなかを、お宝を求めて走り回るゲーム。道中では仲間を得たり、新しいスキルを習得したり、お金を集めて役立つアイテムを買ったりして自分(のデッキ)を強化していく。モンスターを倒せばお金がもらえ、いく先々でお宝を手に入れることができる。

最終的に集めたお宝の価値が最も高いプレイヤーの勝利だ!

道中手に入るアイテムや仲間はカードとして登場し、自分が毎回引くデッキに投入される。

バリエーション豊かなカードたち。コストを払えば冒険を供にしてくれる。どのカードを獲得するかで、各自特化する行動が違ってくる。

さらにこのゲームの特徴は「クランク」と呼ばれる物音トークン。音が出そうな行動(つまづいたり、メカっぽい仲間に行動させたり、他人にはめられたり)を取ると、これが溜まっていき、ドラゴンの攻撃を受けることになる。

ゲーム中は頻繁にドラゴンが怒るので、あんまり物音をたてて動いていると一気にダメージをくらってあえなく死亡するのだ(笑)

ドラゴンが怒ると、バッグに入れられたクランクが一定個数引かれ、出た自分の色だけダメージをくらう…。ランダムにひかれるので、いっぱい入っていても無傷ですむこともある。

だんしゅと2人でやってみた!
初めてということもあり、道中は2人とも手探り。

「武力をあげたほうがいいのか、移動力を強化するか…うーん」

などとまだ余裕がある。

ゲーム中盤には、だんしゅが豊富な移動力で物音をたてることを恐れずにお宝ゲット!


だんしゅ「あとはダンジョンから逃げ出すだけだね、お先~」
はもげ「ヤバい、深く潜りすぎた! 俺も帰る!」

逃げ遅れるとドラゴンの攻撃を受けまくることになるので、他プレイヤーの動向が大事である。

先に逃げ出しただんしゅは物音を立てすぎたせいでドラゴンから制裁をくらったりもした(笑)


だんしゅ「また私のキューブだー! 死ぬー!」
はもげ「プギャー! 自分だけいい思いをしようとするから…ギャー!」


もちろんはもげもダメージはそれなりに受けている。

なんだかんだでだんしゅは先に脱出し、出口に向かうはもげはドラゴンの怒りを一身に受けることに。

あと一歩、あと一歩で!


まさかの移動力なし、である。ダンジョンにて死す!

はもげは死亡したものの、出口に近かったので手持ちのお宝を失わずに町民に助け出された。

最終的なお宝の合計結果は…はもげの勝利! 死んだものの逃げ回りながらお宝を集めておいたことが良かったらしい。

だんしゅ「あー、早く逃げすぎたかー!」

そう、早く逃げたからといって勝利するわけではないのだ! できるだけお宝を集めて、自分を強化しつつ逃げ出すタイミングをうかがうゲームなのであった!

テーマ、システムともにわかりやすく、とてもテンションの上がるゲームだ。コンポーネントも良くできていて、何度もプレイしたくなる。買ってよかった!

というわけで早速やった2回目のゲームでは、コツを得ただんしゅが勝利…。

次は、次こそは!




[2017/08/16 12:56] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>