モンハ~ン その2
アグリコラで大敗を喫したハモゲは、ボドゲへの熱意を失ってしまったのであった…(大嘘)。

実際だんしゅとボドゲをやる暇がなかったので、チョイチョイモンハンを進めていた。

で、うちのダイフクさん。

そろそろ出会うであろう「ギギネブラ」に向け、フロギィシリーズ(耐毒装備)になった。

なんか、お姉ちゃんバラみたいな装備だな(やったことないけど…)。

スキルは業物、耐毒、采配とかなりイイ。なにより見た目もカッコいい。


クエストはこんな感じ。耐毒完成とか言ってるクセに、ギギネブラが怖くてあんまり進んでない(笑)ペランペランしてキモいんだもん、アイツ…。

とりあえず、ネコちゃん食事の効果を上げるために「チャナガブル」というどら焼きみたいなアンコウみたいな魚も狩猟せんといかん。


結構忙しいな、ハンターライフ。
[2013/03/31 22:45] | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
その日暮しのアグリコラ
はーい、ハモゲです。
最近戦績好調なアグリコラを、だんしゅとプレイしたよ!

もちろん勝つ気マンマンでね。


それがコノザマだ!

ハモゲ…29 だんしゅ…54

な、なんだと…⁈


ハモゲの農場…。なんかいつになく寂しい。途中からだんしゅと戦略がカブり、日雇い労働と漁で糊口をしのぐ日々。
家族や家畜に辛い思いをさせて申し訳ない気持ちでいっぱいです。



だんしゅの農場。有り余る資材、豊富な麦や野菜、家畜もいっぱい!

むしろココで雇ってください。

しかも、「クマデ」「君主」という点数テコ入れカードまで使って、ついに50点オーバー! おめでとう!

久しぶりにハモゲの完敗だった。
戦略がカブったあとの軌道修正が間に合わなかったのと、職業カードにこだわり過ぎて手数を無駄にしてしまったのが敗因か…。

逆にだんしゅはスタートプレイヤーの強みを活かして、シナリオどおりの展開ができたようだ。

だんしゅ「木材とっちゃうけどゴメンね…」
ハモゲ「べ、べべ別に構わないよ。木材なんか欲しくないし(脂汗)」

という気を遣われるくらいの負けっぷりだった(笑)。精進しよう!
[2013/03/24 22:30] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ダンジョンレイダース
以前存在を知ってからずっとやりたかったゲーム。あまりの欲しさにオークションで競り落とした一品だ。


いわゆる小箱っていうの? コンパクトで素敵。なにやらゆる~いイラストの箱だが、中身もゆる~いイラストが満載だ。

【ルール】
・ゲームの目的はダンジョンに潜って財宝を1番多く持って帰ること。
・各プレイヤーの手札は1~5までの数字カード。これを使ってダンジョン攻略していく。
・カード5枚で構成されたフロア×5階層がダンジョン。各カードは「モンスター」「財宝」「お店」「罠」のどれかで、倒したり手に入れたり回避したりするために手札を使う。基本的には大きな数字を出したプレイヤーがメリットを受ける。

大きな数字を出せれば、素敵なアイテム(数字の5として使える剣や、宝の鍵など)や財宝が多めに手に入る。他プレイヤーと数字がかぶると山分けになったりする。

モンスター部屋では数字の最も小さいプレイヤーがダメージを受ける。だが、同じ数字を出すとみんなノーダメージに。積極的に狙っていきたい協力スタイルだが、後々これが悲劇を生む…。

罠は1番調子に乗ってるプレイヤーに鉄槌をくだすもの多数。最下位プレイヤーがワザと発動させたりとかもあるらしい…鬼畜。

早速だんしゅとやってみた。カードは一斉に出すヴァリアントルールで。

★ハモゲ…シーフ(体力が低いが、多めの財宝と財宝カードに使える鍵カードを持っている)
☆だんしゅ…ウィザード(相手がどの手札を使うかが見れる水晶玉を2つ持ってる)
でお送りします。

序盤は2人とも探り探りでプレイ。やたら罠の仕掛けられた部屋が多く、半泣き。モンスターにもビシバシ殴られる。下の写真は3階層目。

もうハモゲシーフは瀕死(笑)ライフがあと2しかねえ!どうしていつもこうなんだ!( 写真に写っている赤いグラフみたいなものはライフ、黄色のものが財宝を表している)
だんしゅウィザードはまだ大丈夫そう。


こんな感じで数字を比べ合う。

で、最下層までなんとか2人とも生き残りハモゲが辛勝! なんと喜びのあまり写真を撮り忘れていたので、証拠を残せないのが残念だ。

だ「うぉー、悔しいもう一回やろうよ」
ハ「やらいでか!」

というわけで2戦目へ。

ハモゲ…ウォーリア(小金持ちの脳筋)
だんしゅ…エクスプローラ(裏返しの部屋カードを自分だけ見れるたいまつカードを持つ)

とりあえず本気出しただんしゅ。

ハ「このモンスター強いな。同じ数字ならよけれるのになー?チラッチラッ」
だ「OK。まかしといて」
からの裏・切・り☆
ハ「だんしゅさん、数字大きいね」
だ「そうだね~。はい、ハモゲはダメージね☆」
やばい、裏切られるの楽しい(笑)その後も罠をワザと発動させたりとヤンチャなだんしゅ。



ぷぉー、負けた


いや~いいね、裏切り。恣意的に相手の裏をかけるのはゲームの幅が広がって楽しい。普段は協力ゲーム大好物だけど、このゲームは手軽だしダンジョンだし、ほどよく考えるのでとてもイイ。

絶版でなければ周りにオススメしまくりたいゲーム。
[2013/03/20 08:47] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
俺の農場を越えてゆけ!
だんしゅと久々にボドゲすることに。プレイしたのはわが家で1、2を争うプレイ率の『アグリコラ』。

以前ルールを書き忘れた気がするので、ざっとルールを書いとこう。

【ルール】
・家族(初期2人)を労働ボードに派遣し、資源を得たり畑を耕したり動物をどこからか略奪してきたりする。
・途中、家を増やしたり家族を増やしたり、動物が繁殖したりする。
・最終的に自分の農場を立派にできているプレイヤーが勝利!
・プレイヤーの手助けとして、進歩カード(かまどや便利道具など)と職業カード(労働を楽にしてくれる)がある。


もっさりしたアートワークがたまらない。


だんしゅ、ハモゲともに久しぶり過ぎてルールを確認しながらのプレイ。スタートプレイヤーはハモゲだ。


序盤は畑の開墾合戦。ハモゲは運良く「畑番=小麦を取ると畑が増える」を出せたので、順調に農場が充実してきた。職業カードもチョイチョイ出している。


だんしゅは来たる大改築時代に向け、レンガや葦(改築に必要)を確保。なにげに動物を囲うための柵まで設置している。やるなあ。

中盤はハモゲが小麦を植えたり野菜を植えたりと小作農ライフをエンジョイ。

だんしゅは畜産戦略で増えた動物をありがたく食べたり、野菜にかぶりついたり。

家族を養うのは大変だ!

そんなこんなで全14ラウンドを終えた2人。


ハモゲは家族を4人に増やして、家も増築。が、家はレンガ造りだし、惜しくも空き地がある…(空き地はペナルティ)。小麦、野菜、動物は万遍なく集めたつもりだったが、なんと牛を失念(ペナルティ)。 なんでいつもこうなんだ!


だんしゅは家が「石造り(点数が高い)」にまでランクアップ! 家族こそ3人だが、空き地もなく安定した農場。ただ、兵站上手のだんしゅには珍しく豚がいない(もちろんペナルティ)。

ペナルティペナルティとうるさいかもしれないが、このゲームのミソはこの「足りないことによるペナルティ」の回避だ。何かとペナルティなのだ。うちの会社の上司より余程厳しい。

もちろんペナルティは回避したいが、他プレイヤーと戦略がかぶればそうもいかない。そこにジレンマと面白さがあるんだなあ。プレイ中は息苦しさすら感じるんだけど(笑)

で、結果はハモゲ…37 だんしゅ…33でハモゲの勝利! ひ、久しぶりに勝った!

だんしゅ曰く「次はこうはいかんよ?」

男前なだんしゅ、マジかっこいい!
[2013/03/10 23:28] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
モンハ~ン
忙しさにかまけて放置気味だった当ブログ。帰って酒飲んで寝る繰り返しをネタにするわけにもいかず(笑)

酒の勢いなのか疲れなのか、気づいたら3DSのモンハンをダウンロードしてしまっていた。


ジャ~ン

ファンタジーライフのモゲタにはしばらく休養を取らせることにして、このモンをハンしていく予定。

正直ボドゲがやりたいんですがね?
[2013/03/10 18:35] | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
幕末月旦札

コレ、ボードゲームに分類していいんか?

先日福岡に遊びに行っただんしゅのおみやげだ。中身は4スート×13枚とジョーカー、白札が入ったプレイングカード(トランプ)。

ただ、特殊な遊び方があって、花札や麻雀のような役を作るゲームとして遊べる。
【以下ルール】

・各自手札5枚を持つ。
・残りは山札にする。
・各プレイヤーの手番に1枚山札から引き、いらない札を捨てる。
・あと一枚で役(表が付いてる)ができる場合、捨札を横にして「いざ尋常に!」と叫ぶ(麻雀でいうリーチ)。
・その後他プレイヤーが捨てる札に欲しい札があれば、それを取り「幕末」と言ってゲームから上がる(同ロン)。ただ、手札が揃ってしまえば「尋常に!」からの流れは無視して上がれるらしい。
・山札がなくなるまで、他プレイヤーも同じことを繰り返す。
・役の一番高い人の勝ち!

なかなかユルいルールに胸が熱くなる。
果たして「いざ尋常に!(リーチ)」をかけるメリットがあるのか…多分最後まで手札を入れ換えた方が強い。そもそも「尋常」のあとは自分の手番に山札からカードを引いていいのか…?最後に残った人はひたすら山札を引き続けるしかないのか…? 上がった人の役はその時点で晒すのか…?

などなど、渾然一体となった激動の幕末をよく表したルールだ。むしろ、オリジナルルールを作る楽しみ、つまり新政府を樹立するメタフ(以下略。

絵合わせなだけあって役は結構面白い。

写真は役「大政奉還=徳川慶喜+坂本龍馬+後藤象二郎+山内容堂+明治天皇」。最高の50点だ。この役ができたら場を強制終了してもいいかもしれない。


思わず笑った「日米修好通商条約=堀田正睦+ハリス+井伊直弼」。点数は15点。


ペリーがジョーカーなのも興味深い。

幕末は好きだし、コンポーネントも悪くない。ルールだけが珍妙(笑)

とりあえず、だんしゅと「大富豪」で遊んだのだった。珍しくハモゲの勝ち。
[2013/03/01 21:44] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |