ボードゲーム会 1月
えらく久しぶりにボードゲーム会に参加してきました。

今回も大変エンジョイしました! 例によって感想などをつらつらと。もちろん丁寧語で書いていきます。

【ヘイムスクリングラ】

はもげが持ち込んだワーカープレイスメント+デッキ構築ゲーム。各プレイヤーはヴァイキングの長となり、領地を拡大したり遠征したりして勝利点を稼いでいきます。

みなさん初プレイだったので、不肖はもげがインストしながらプレイしました。

…しかしインストって難しい!

大体インストしたつもりでも、抜けが出てくる出てくる(笑) 逆にみなさんに助けられました…。推奨A~D各デッキにランダムでレアカード4枚を割り当てて4人で。

「ワーカー出したいなー」
「ワーカーがこない」
「ワーカーを回復する食糧がない」
「うーん、遠征だ!」


など終始ワーカープレイスメント特有の悩みに翻弄されつつ、適度に戦争もはさんだいいプレイになったのではないでしょうか?

ただ「みんなで勝ちにいかないと終わらないゲームです」と説明していたとおり、中盤まではマッタリとしたプレイング(笑)。

時間がかかりそうだったので、中盤でハーフゲーム(勝利点を半分)に切り上げてからは一気にゲームが加速していきました。

これは中盤あたりのはもげの手札と場の札。「祝宴」で勝利点稼ぐぞ~! と意気込んでいるところ。


中盤以降は各デッキを使いこなし、みなさん上手にプレイしていたようです。強カードといわれる「象徴(英雄のようなもの)」も場に出てきて、その都度盛り上がりましたね。また、戦争するたびに勝利点ボーナスを得るカードを使いこなす方も。こういうプレイを見ると、戦争プレイも悪くない感じです。

うーん、勉強になります!

最終的にはバランス良く戦争とカード効果を使いこなしていたプレイヤーさん2人が1位同着で勝利! はもげは3位だったかな?

この加速感だったら、フルゲームでも良かったかも…。

最初のペースで終わるのか不安だったので、仕方ないですが(笑) ルールも理解してもらえたので、またぜひやりたいですね。お気に入りの一品です!

【オリンポス】

時間トラックをリソースにして領土拡大と文明発展を競うゲーム。かれこれ3回目? 経験者としては1回くらい勝っておきたいところです。

このゲームは5人でプレイしました。みんなちょっとルールを忘れていた&初プレイの方もいたので、探りながら楽しみました。

文明発展も楽しいですが、なにより陣取りなので、戦争による領土拡大が盛り上がりましたね。

毎度毎度、時間の管理も悩ましい…。

計画的に文明を発展させないと、あとあとジリ貧に。時間が巻き戻る発明とかないんでしょうか(オーバーテクノロジー)。

中盤の雰囲気。はもげ席からの眺めです。

航海に出たプレイヤーさん2人がしのぎを削るあいだに、安穏と平地を平らげる大陸組3人。

「あの海域、怖くて渡れない」
「海渡って来なよ。こっちにきたらブッ潰すけど」


などと和やかにプレイが進み、気づくと文明タイルも品薄に…。

さらに時間トラックを進みきり、ゲームは終了。

最終的には「驚異の建造物」を建て、篤い信仰で神々の恩恵を受けたプレイヤーさんが勝利されていました。

はもげはまたまた3位。全てが中途半端に進む悪い癖が出てしまいました…。だって色々試したいじゃないですか、ゲームって(言い訳)!

以上、今回は2つプレイすることができました。重量級ゲームは「やった感」が得られてイイですね~! 軽いゲームも好きですが、重ゲーもやっぱり魅力的です。

ぜひまた、遊びに行きたいです!

さらに…今回も「破れ饅頭トークン」をいただきました!

この質感と食べ応え…たまりません! いつもありがとうございます!
[2014/01/26 21:33] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
100年のあとさき
今日は久々に『ヴォーパルス』をプレイ。わが家の高回転率No.1ゲームだ。

街をつくり、人を雇い、100年を戦い抜くこのゲーム。経年によって代替わりするユニットたちと、その経年を利用したコンボが熱いロマン溢れる内容。ひさびさにやると改めてその奥深さに震える…。

ルール詳細は過去の記事を参照されたし。今回は拡張『ヴィシャス』入り。

さあ、宿敵だんしゅとプレイするぞ!


1ゲーム目はお互いにルールを確認しながら国造りに励む。カードをドラフトする手に力が入る…! どのカードも欲しいんですけど…。

手に入れたカードを配置して行われた最初の戦争では、はもげが勝利。

ひゃっほー! 「大蛇」さん、ありがとう。「盗賊」のみなさんもご尽力感謝です。


だんしゅ陣営はご覧の通り。まあ、予算的にはこうなりますよね。

戦争勝利に浮かれたはもげは、その後の生産フェイズで大誤算に気づく。

はもげ「資源を一切算出しないメンバーやった…」
だんしゅ「ぷぷっ! 私は兵舎(戦力+2)建てまーす」


この後のラウンドでだんしゅは「供犠台(経年サイクルを早くする代わりに、資源産出多め)」を建て、資源も万端。


なんとか資源産出ユニットを集めて「城下町」を建設したはもげ。一手どころか二手くらい出遅れた感じだな…。


そしてその戦争ポテンシャルを遺憾無く発揮するだんしゅ陣営。

食糧で元気いっぱいの「ワーム」に、建物をグレードアップする「ゴーレム」や「古参兵」、さらには「兵舎」のダメ押しまでついて、鉄壁の布陣だ。

対するはもげ陣営は、なんとかこの「執行の悪魔(ローコストで強いが、取り除かれるときの状態によってはペナルティ)」が配置された。だが、あとのユニットが弱すぎる…。


だんしゅ「戦争大勝利~☆」
はもげ「やめてあげて! 俺のユニットをこれ以上いじめないで!」


最終ラウンドでもだんしゅの「供犠台」コンボがうまく回る。

「供儀台」で無理やり経年させられ、ちゃっかり暴れ出す「鉄巨兵」の猛威。倍近い戦力差をつけられ、はもげは敗北した。

はもげ「ふぁあ(白目)」


最終的に、このプレイはだんしゅの圧勝! 7点差もつけられてしまった…。

まあ、7点差で済んでよかった…(ポジティブ)。

せっかくなので、もう一戦。拡張のカードを入れ替えてみた。


今回ははもげも「霊廟」で頑張った。
経年によるコンボが作りやすい建物だ。



「腐敗の王(経年サイクルを早める)」で自陣ユニットを巻き込み、勝利点を荒稼ぎするはもげ陣営。「画家」は取り除かれないと勝利点を産まないので、早めにご退場願わねば。戦力もあるし、とりあえずこの布陣なら戦争には勝っただろう!

こちらはだんしゅ陣営。どれどれ……あれ?


はもげ「あれ、俺負けてる。ていうかだんしゅさん、ドラゴンがいるじゃないですか、ヤダー」
だんしゅ「ニヤリ」


うおーい!

お互いその後は、建物や特殊効果で勝利点を稼ぎゲーム終了。

結果は…

1点差でだんしゅ(赤)の勝利…。悔しいので遠景で撮ってみた。

だんしゅ「このゲーム、やっぱりすごい好き。雰囲気もいいしね。何より勝つしね」
はもげ「俺もこのゲーム好きよ。負けるけど」


果たして100年戦争を勝ち抜き、はもげ王朝が成立する日は来るのか…? 生温かい目で見守っていただきたい…。
[2014/01/21 23:43] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
カタンの開拓者たち カードゲーム
今日は以前買って放置していたゲームを発掘してきた。

わが家に積みゲーは許されない(自分に課したルール)ので、やってみることにした。もちろんだんしゅと。

【ルール概要】
・手札を交換したり、山札からカードを引いたりしながら資源を貯める。
・貯めた資源を使って
「街道(交換枚数アップ)」
「開拓地(勝利点1、都市にできる)」「都市(勝利点2、拡充できる)」
「都市拡充(勝利点3、特殊効果あり)」
「騎士(引ける枚数アップ)」
などを建設していく。
・勝利点が10を超えたプレイヤーの勝利!


ほうほう。なんかシンプルなルールでいいな。

やってみよう。


資源となる手札と、建設コストのバランスを考える。うーん、街道を建てたいけど足りないなあ。


写真上段の市場と手札を交換するか、1枚捨てて山札から引くか、だんしゅの手札からランダムに引くか(?!)…。

とりあえず殴り合いを避けるため、市場の札と交換しよう。

だんしゅは街道を充実させているようだったので、俺も真似してみる。

騎士も連れてきて引ける枚数も増やすぞ!

※ちなみに街道と騎士は他プレイヤーから奪うことができる。効果的に奪えれば、相手の足を引っ張りつつ自分が有利になれる。

そしてアホみたいに増えてしまう手札(笑)

考えなしに手札を増やすと、こんな風になるみたい。自分で何持ってるかわかんないよ(笑)

その後なんとか必要な資源を集めて街が発展していく。


だんしゅも開拓地を都市にグレードアップ。

開拓地があるじゃろ? それを裏返して…。

こうじゃ!

そしてなぜか盗賊襲来(写真テキスト参照)。開拓地を都市にするたびにイベントがあるんだけど、結構な割合で盗賊襲来。大体盗賊襲来。まあ、金目のもんを狙いに来るんだろうけど、治安悪すぎるだろ!

だんしゅ「あとはこれを都市拡充すれば勝利点大量ゲットね♪」
はもげ「そうはさせぬ!」


都市拡充を先に済ませてはもげが勝利! なぜか写真がないので、これは信じてもらうしかない。無効試合になりませんように…。

だんしゅ「うーん、もう1回!」

2戦目はだんしゅが騎士を手早く手に入れ、どんどん資源を集めて勝利。

今回は街道や騎士を奪い合ったりしてインタラクションを増やしてみた。まあ途中でだんしゅが騎士を奪えなくしてしまった(都市拡充の効果)ので、はもげの独り相撲だったんだけど…。

さらにもう1戦!


適度に足を引っ張り合いつつ、だんしゅがスパートをかけて勝利!

だんしゅ「やったー!」
はもげ「い、石がー、石がないよー!」
だんしゅ「私が場に出さないようにしたもんね」


ひょえー、策士極まりない!
相手が何を建てて、どんな資源を欲しがっているかまで見ているとは…勉強になるな。

相手の施設を奪うより、資源をコントロールする妨害の方が効くな…。もちろん施設を奪って、こちらが態勢を整える時間を稼ぐのも重要だけど。

というわけで、簡単に箱庭ゲームが楽しめるいいゲーム。カードの引き運もあるけれど、考えを詰めていけば展開をうまくコントロールできるのもよい。

2人プレイだとやや絡みが薄いので、ぜひ多人数でやってみたい。ルールも簡単でインストしやすそうだ!

今回は軍師だんしゅの干殺しにやられたはもげ。次回は物量作戦で挽回なるか!?

あれ、こんな戦争ゲームだっけ、カタンって?
[2014/01/14 23:13] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
迷宮の呼び声
今日は久々に『ダンジョンレイダース』で遊んだ。

堂々の旧版なので、ホンワカプレイできる。やっぱりこっちのイラストでしょ。


詳しいルールは以前の記事を参照されたい。

簡単に言うと5階層からなるダンジョンに潜り、手札から出した数字を比べ合って「罠にかけられたり」「怪物の攻撃を食らったりするゲーム」だ。


今回はムキムキウォーリア(だんしゅ)とメタボナイト(はもげ)でお送りする。

第1階層のダンジョンを表すカードの列。モンスターとか、罠とか…まあ、あるよねー。



そしてダメージを食らうはもげ。

基本的に低い数字を出した方が不利だ。この階層では財宝用に強いカードを取っておきたかったので、1を出してしまった(だんしゅは2)。
その結果、ダンジョンにいる「スケルトン」からダメージを食らう。

あえて怪物と対峙する俺、かっこいい…。


2階層目の様子。2人プレイ時は同じ数字を出すとモンスターが混乱してノーダメージで済む。

だんしゅ「てことは、同じ数字が出るように示し合わせとけば安心だね!」
はもげ「そうやねー、助け合いながら冒険しよう!」


そして冒険者たちの真の姿が。

こちらの写真をご覧いただきたい。

はもげが出した数字は4。
だんしゅの数字は5。

はもげ「ふ、ファッ…!?」
だんしゅ「ごめーん☆」


手札には1から5のカードしかなく、ダンジョンの階層ごとに使い切り。なので、「自分の欲しい財宝」「受けたくないダメージ」のために強いカードを温存しておきたい。

逆をいえば、食らってもいいダメージなどはさっさと弱いカードを出して受けてしまった方がいい。

ただし読み違えると、写真のようにドラゴンからダメージを食らうハメになる(笑)


この階層ではダメージを食らいたくなかったので(モンスターに強いカードを出したい)ので、罠をあえて受ける。

あえて危険に身を晒す俺、かっこいい…。
※ただし、財宝が減った。

そしてウォーリアとナイトは傷を負いつつダンジョン最下層にたどり着いた。


だんしゅ…21点、はもげ…18点

「あえて……俺、かっこいい」作戦が全て裏目に出た感じ。ダサダサだ(笑)

もうちょっとだんしゅの出方を読めればなー。ダメージを受けると財宝より回復を優先したのもマズかったかな。

まあ、楽しかったのでいいや!

ただ、これだけは言っておきたい。

「あえて負ける俺、かっこいい…」
[2014/01/10 00:05] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
新春特別企画 だんしゅのシェフィ
あけましておめでとうございます。
妻のだんしゅです。断酒ではないです、酒は浴びる派です。

夫のヒトがiPad miniでFFタクティクスをしていたので、
暇を持て余したツマは横目でボドゲをすることにしました。
1人の私にそっと寄り添ってくれたのは、このブログでも紹介された「シェフィ」です。


それ頑張れ。

開始五分



オワタ

今年厄年の私。
初詣で引いたおみくじは末吉。
「勝負事…満点か零点。」の言葉は見事当たりました。五分でオワタら零点ですね。
いやー厄年怖い。


気を取り直して第二戦チャレンジ。

一ターン目でシェフィオンを無事廃棄し増やせました。



さて二ターン目。
いつもメテオは使うべきなのか廃棄するべきなのか迷いますが、
1ヒツジを増やしまくってメテオ使って廃棄する方が得策ですよね。
まぁそういいカード運がないのですが…ぐぬぬ



過密を廃棄して無事増やし方完了。

ギリギリ増やしきるかな…な具合で3ターン目へ。

黄金の羊がうまい具合に来てくれたので、なんとか間に合いました!



満ちた!やったー!よかったー*\(^o^)/*

前回の奇跡の4000匹には届きませんでしたが、無事1000匹には増えました。


万能ひつじの使い方にいつも悩みます。
二枚廃棄するべきなのか、増殖系カードに使うべきなのか…。

廃棄にも魅力があるのですが、今回は増やす系に使いまくりでした。

カードの種類を覚えてシュミレーションしても、手札の回ってきかた次第で運命が大きく変わるシェフィ。
次こそ開始五分で終わらないように頑張りたいものです。。


このブログをかいているスキに私の記録を上回る開始3分で羊を滅亡させた夫のヒト。

こんな私達ですが、ことしもどうぞこのブログ共々よろしくお願いします。


おまけ
いつも弁明したかったのですが、私はボドゲ強くないです。
夫のヒトがよわ…あっ、キーボードを奪われるううう
[2014/01/03 22:00] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
新年ボドゲ始め
穏やかな正月。

熱く語る親たち。

ヘベレケの俺。

炊き上がるご飯。

姪っ子ともりあがるだんしゅ。

スライムレースだね。インストしながら頑張ってるみたい。

そして構ってもらえず憤る犬。

いい正月だな!
[2014/01/02 13:16] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |