進め!! 海賊さん
今日は「すごろくや」制作の『進め!! 海賊さん』をプレイ。

海賊となって、海賊船レースで一番を目指す2人用ゲーム。

このコンポーネントで500円ですよ、あなた。だんしゅもよく見つけたもんだ。

エライ!

【ルール概要】
・海賊コマをゴールまで進めたプレイヤーが勝利!
・相手の手札(2人とも1、2、バクダンで構成)からカードを引くことでコマが進む。
・ただし、数字の「1」「2」カードを引く必要があり、「バクダン」を引くと進めない。

だんしゅとやってみた!

こんな感じで「相手の手札」からカードを引いて、出た数字だけコマを進める。


バクダンを引くまでは何枚でも引ける。ということで、だんしゅがはもげの手札から2、1を引いてしまった!

無事進めた場合、相手の数字カードは自分のカードになる。

だんしゅ「3進んじゃうよ~」
はもげ「もう、手札にバクダンしかないよ(笑)」


このゲーム、手札の枚数が進行次第で変化する。

現状、はもげは「バクダン」のみ。

憎きバクダン。

だんしゅは、はもげから奪った1、2があるので「1、1、2、2、バクダン」という構成だ。
はもげは、だんしゅの手札から引くので、引けるカードが多い方がバクダンを引く確率は下がる。

一方的な負けを防ぐステキなシステムだなあ。

さらに、コマが進むマスには「1マス戻る」向かい風マスがあり、悩ましい。

かわいらしいが、憎たらしい向かい風。

このマスのおかげで「1進んで様子を見続ける」作戦が取りづらいのだ! ※1進んで1戻ったら同じ場所にずっと居ることになる=餓死だ…

つまりどこかで「もう1枚」の勝負を仕掛けないといけないのだ!

ううーん、エクセレント。

はもげ「海賊ならひと山当てて…うわぁーッ」

だんしゅ「ふひひ」

「バクダン」「向かい風」といった妨害カードだけではなく「財宝」というプラスのカードもある。

財宝が描かれたマスにとまると手に入るのだが、なんと使用すると2倍進めるのだ(バクダンを引いたら進めない)!


1戦目ははもげが財宝を使って一気にゴール!

はもげ「フハハハー」
だんしゅ「ぴゃー! もう1回!」


2戦目はだんしゅが絶好調!

中盤にバクダン引き合戦で爆笑しつつ、財宝で一気にゴールしただんしゅの勝利!

だんしゅ「やった~! すごろくやでこのゲーム見つけたワタシ、えらくない?」
はもげ「宝物を見つけていただき、大変感謝しております」


はもげはすっかりだんしゅ船団の傘下に入ったのだった…。

大変軽くて、安くて、わかりやすい良いゲームだ。簡単なシステムの中に「手札」のルールや「向かい風」の悩ましさが光る。

この「悩ましさ」を楽しむのがボードゲームの醍醐味だよね。

すごろくや、さすがです。

[2014/11/30 21:58] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(5) | page top
ボードゲーム会 11月
今日はひさびさに地元のボドゲ会へ行ってきました。安定のいつものメンバーにお会いできて楽しかったです!

とりあえずプレイしたゲームを、備忘を兼ねて記録しておきます。例によって丁寧語ですよ!

【ダンジョンクエスト クラシック】

ダンジョンで力尽きるゲーム。
もとい、制限時間以内に財宝を持って危険なダンジョンから脱出するゲームです。

基本はタイルを引いて配置。

ダンジョンなので、行く先々では「モンスターと遭遇」したり「罠が発動」したりします。

ダイスを使った判定に失敗すると、大惨事が。写真では、判定に失敗して毒ガスを浴びたところ。ダメージを受けた上に手番が2回も休み…。

「僕が何をしたっていうんですか!」

と叫びつつ周りを見回すと、みんな大惨事(笑)


這い寄る影に◯されたプレイヤーさんや…。


ゴーレムに殴り◯されたプレイヤーさん。

ちなみにドツボにハマった僕のキャラクターは、制限時間オーバーでドラゴンの炎に焼き◯されました。


いやー、ハイテンションにバタバタと倒れていく冒険者を見るのは楽しいですね(笑)最終的には財宝を持って無事脱出できたプレイヤーさんの勝利でした。

ゲームテンポも早く、危険なダンジョンを堪能できて大満足でした!

【カルカソンヌ】
言わずと知れた名作。今回は基本ゲームを3人でプレイ。

1人は初プレイだったので、インストしながらスタート。説明グダグダで申し訳ありませんでした。もう一人の経験者さんにも補っていただき、助かりました!

ゲームは初プレイとは思えない接戦!
経験者2人もタジタジでした。

終盤の場面。いい感じですね~。
「草原」のルールも分かっていただけたみたいで、良かった…。

最終的には持ち主の面目躍如で、僕が勝利しました! ゲームもだけど、インストも精進しなくては。

【エルグランデ】
スペインを舞台に、影響力を行使しながら領土を拡大していくゲーム。

黒いこけしは「国王」。得点計算やコマの配置に影響します。


自分のターンには、数字の書かれたカードで「手番の早さ(大きい数字の方が早い)」を競っていきます。

ただ、数字が大きいと、領土拡大に使えるコマを生み出す力が弱いのが悩み…。


生み出したコマは、アクションカードを使ってボードに配置していきます。エリアにあるコマの数で支配の優劣が決まります。さらにその優劣によって勝利点が配分されます。

アクションカードは「国王を動かしたり」「他プレイヤーのコマを勝手に動かしたり」「臨時で勝利点を決算できたり」と多彩。効果が強いカードは配置できるコマが少なかったりと、しっかりバランスが取られています。

そしてボードに屹立する「タワー」!
かっこいいな、タワー! 僕のタワー!

ここにもコマを配置(投入)可能。定期的にやってくる決算時に、まとめて他の領土に移動していきます。

決算時にパカッ。

「こんなに入れてたっけ?」
「よし、これであのエリアを獲れる」

このタワーがかなりキモ。特定エリアにコマを一気に増強できるので、使いどころを押さえたいですね。

ただ、コマはボード上にもうまく配置しておきたいので悩ましい…。アクションカードの臨時決算でも勝利点を稼ぎたいし…。

みんなでウンウン唸りながら、ゲーム終了。

最終的な勢力図はこんな感じ。ガッチリ自分のエリアを固めた茶色プレイヤーさんが勝利!

名作とは聞いていましたが、かなり楽しかったです!
行動順の競りで悩み、アクション選択で悩み、コマの配置で悩む…。ボードゲームをやったなあという満足感がありますね。

日本語版、出ないのかなあ。

今日もいろいろなゲームをプレイできました! タイミング的に最近プレイできてない方もいますので、また一緒に遊んでいただければと思います。

ありがとうございました~!


追伸
いつも破れ饅頭トークンをいただき、ありがとうございます! これが一番の勝利点です(笑) だんしゅも大喜び!


[2014/11/23 19:45] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(7) | page top
Age of Craft ランダムサプライ
先日に引き続き、今日も『Age of Craft』をプレイした。だんしゅからリクエストが出るくらい、すっかりわが家の定番になりつつある。

端的にいうと、ダイス(資源)を集めて、それを市場などで価値の高いものに変換して勝利点を稼ぐゲーム。

特殊能力を持った建物がいっぱい出てきて楽しいのだ!

せっかく建物カードもいっぱい入っているので、今回はランダムサプライで遊んでみることにした。

そして出てきたのが…。

「牢獄」「砦」「宝物庫」「シノビノサト」「城門」「闇市」「錬金術の館」という背徳的なサプライ。生産、妨害、防御、変換の各ジャンルからバランス良く選んだので、ぶっ飛んだサプライにはならなかったが…。

だんしゅ「なんかトリッキーなカードが多いね~」
はもげ「牢獄…錬金…闇市…?! ちょ、まさか…(妄想が暴走)」


ゲームを開始しつつ、お互いにダイスを振りまくる。

ちなみにこのゲーム、出目のバーストというものがある。
「振って出たダイス目」以上にダイスを持っていると「持っているダイスの半数をトレイ(共通の場)に移す」ことになる。共通の場なので、他プレイヤーに獲得されてしまう恐れが…。

手元の資源が無限に増えるのを防止して、ゲームに緊張感をもたらす良くできたシステム。

今回はこの「バースト」が猛威をふるった!


これは漢気あふれるだんしゅが、ダイス11個保持して、出目合計が12という荒技を繰り出したところ(出目計12>持ちダイス11でOK)。

だんしゅのカッコよさ、リミットレス!


ちなみにこれははもげ。ダイス8個保持してダイス目合計が5というヘタレ具合。貯め込んだ良いダイスを共通の場に放出するハメに…。


はもげ「ああっ、俺の6(=金)がっ!」
だんしゅ「ふひひっ!」


悔しいのではもげは今回はロマンを追いかけることにした。

はもげ「牢獄で手に入れた労働者を錬金術で…! ヒヒヒヒヒ!」
だんしゅ「好きやねー、そういうの」
はもげ「はい」


などとロマンを満喫。ただ、この戦法は軌道に乗るまでが長すぎた。

アレヨアレヨと言う間にだんしゅが「邸宅(勝利点が高い)」を建て続けて、圧勝!


はもげ「ん、ん~? 今からだったのに」
だんしゅ「アレもコレも手を出しすぎだよ」


確かに…。今回のプレイは趣味に走りすぎたので、もう少しサプライを観察して勝ち筋を考えるようにしよう!

しかし、まだ見ぬ建物カードがまだまだたくさん! 趣味に、勝利に驀進したい。





[2014/11/18 23:34] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
諸県テーブルゲーム会 11月
今日は近隣のボードゲーム会にお邪魔してきました!

えらい数のゲームを遊ばせていただきましたので、備忘を兼ねて感想などを記録しておきまます。もちろん僕は大人なので丁寧語です!

【Safranito】
料理完成に必要なスパイスを手に入れるために、中央ボードに競り用のディスクを投げ入れるゲーム。

こんなディスクをみんなでボードに投げ入れます。


各プレイヤー3投ずつ投げ入れたあと。
スパイスの円にうまくディスクが入ると、この後の買い物とスパイスの売却に参加できます。


ディスクの裏面には10から60までの数字が。この額で買い物の優先権が決まり、買値が決まります。なるべく安い値段でスパイスを買いたいところですが…。

ボードが思ったよりすべるので、なかなか思ったところでディスクが止まりません(笑)

また、他プレイヤーのディスクに押し出されたりしてボード上はてんやわんや…。

これ、楽しいですね! 盤上の動きにみんなで一喜一憂できて、コレぞボードゲーム、という感じ。


手前の赤いフチのカードがレシピです。これを3枚完成させると勝利!

今回は接戦を制して、僕が勝利させていただきました! やったね!

【GO STOP】
場にある得点カードを、他プレイヤーとバッティング(カブる)ないように手に入れていくゲーム。

このように並ぶ場のカードに、それぞれが秘密裏に「GO(いらない)」か「STOP (欲しい)」をプロットしていきます。


これが手札。オシャレで映えますね!

欲しい得点カードで自分だけが「STOP 」カードを出していれば手に入りますが、他プレイヤーもそこに「STOP 」を出していると、手に入りません…。

みんなが欲しがりそうな高い得点カードは、こういうことがよく起こります。

ということは、低い得点カードを狙っていくか…あえて裏をかいて高い得点カードを落としにかかるか…。

悩ましい、そして楽しい!


ちなみに僕は高い得点カードを待ちすぎて、1枚も手に入れられませんでした…。

【あやつり人形】
毎回変わる自分の職業カードを駆使し、建物を建てていくゲーム。

毎回ドラフト(手札交換)で自分の職業を決めて、選んだ職業によって他プレイヤーのお金を盗んだり、建物から臨時収入を得たりしていきます。

毎回自分の役割が変わるので、ある程度先を読んで職業を選んでいく必要があります。職業には「暗殺者」「盗賊」「奇術師」「王様」「司祭」「建築家」「商人」「将軍」など多彩。妨害から収入アップまで、うまく使いこなしたいところ。


「建築家」という職業は建物を建てる際に有利に。かといって毎回手元にくる保証はないし、特定の職業ばかりを選ぼうとすると他プレイヤーから「暗殺者」に◯されてしまいます…。

今回はなんと最大の7人プレイ! そして不肖僕が勝利させていただきました~。明日は雪が降りますよ、コレ。

【Hyperborea】
自分の種族を増やしエリアを占領しながら、文明(資源)を増やして、さらに勢力を拡大するゲーム。

中央のヘクス(六角形)ボードを、自分の種族を使って攻略していきます。

それぞれのヘクスボードでは資源や移動力が手に入り、それらをうまく活用する必要があります。さらに資源を変換したり、技術カードを手に入れたりして、自分を利するプレイが大事。


もちろん、同エリアでプレイヤー同士が競合すれば戦闘も! ただ、戦闘をするにも資源が必要なのでよく考えなくては…。

などと言っているあいだに戦闘民族の赤プレイヤーさんが種族コマを出し切って勝利!

いやー、このプレイヤーさんは強かった!

資源管理と決断が大事な、見た目よりライトなゲームでした! 楽しかったなあ。

【Abluxxen アブルクセン】
手札を早く出し切ったプレイヤーが勝利するゲーム。

手札を出し切れば勝ちですが、場に出す際に変わったルールが。

同じ数字は好きなだけセット(222など)で出せます。

ただ、他プレイヤーがそれを上回る数字の同セット(555など)を出すと、戦闘に勝ったことに!

この際、数字の少ないプレイヤーは
・出した札を勝ったプレイヤーに渡す。
その後同枚数を山札から引き直す。
・出した札を手札に戻す。
・出した札を捨てて新しい札をもらう。
ことになります。

これは、負けた方が不利なようで手札の構成を有利にすることができるシステム。わざと負けて手札を再構成するのがキモですね!

慣れないシステムなので戸惑いましたが、「勝ちどころ」「負けどころ」をコントロールできるようになると楽しいですね!

勘所をつかんでからは淡々と出し続けて勝利できました!

【インフェルノ】
クールなカードが魅力の、被害枚数を抑えながら手札を出し切るゲーム。


場の札と「同じ数字」か「同じ色」を出していきます。手札から出せなくなると、場に出ているカードを引き取ることになります。

カードを引き取る際、基本は1枚1減点ですが、赤い悪魔が描かれたカードは数字がそのまま減点に。


これは引き取りたくないぞ!
でも、他プレイヤーには押し付けたい!

というわけで、負けて引き取るタイミングが大事になってきます。

・被害の少ないうちに引き取ってしまう
・誰かが引き取るまでとりあえず出してみる(ただし、自分が大被害を被ることもある)

さらには度胸が試されるダイナミックなゲームでした。

かなり好きなゲームかも。


アタマがグルグルしてきたので、ノリでやっていたら勝ってしまいました! 無心の勝利でしょうか…。


今日は本当にいろいろと遊ばせていただきました! まだまだ知らないゲームばかりで、勉強になります。まだまだやりたい…!

帰り際に自作『インセイン』セットを披露して撤収となりました。次回参加の際は、卓を立てさせてもらおうかな~!

ひとまず、みなさんありがとう&お疲れ様でした!




[2014/11/16 21:01] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
Age of Craftをプレイ!
先日東京で買ってきた『エイジ オブ クラフト~大建築時代~』。わが家では初の本格ダイスゲームだ!


なんかこう、佇まいがカッコいい。
建築にフォーカスしたカードや、無味無臭なダイス群がゲームをよく表している。

【ルール概要】
・ダイスを振って、出た目を資源として獲得。
・集めたダイス(の出目)を消費して、建築物カードを手に入れる。建築物カードには、勝利点や特殊効果が設定されている。
・カードの特殊効果を使って、ダイスの出目を操作。欲しい出目に変換し、さらに建築物カードを手に入れる。
・以上を繰り返して、20勝利点集めたプレイヤーの勝利!




ちょっとやってみた。だんしゅとね。

毎手番、プレイヤーは3個のダイスを振る。出たダイスをそれぞれ手元にキープしておく。

これはだんしゅが6の目をキープしようとしているところ。この後、はもげは残ったダイスから1つ手元にキープした。

これを繰り返し、ダイス目に一喜一憂しながらダイス=資源を集めて…。



だんしゅが「製材所」をゲット! 効果を使うと、4の目のダイスが手に入る。

おのれー、先を越されたわッ!

というわけで、ダイスを貯めて「貿易港」をゲット! 写真のダイスは2と6を間違えております。ちゃんと支払ったからね。

そしてこの建築物、
・6を好きな目に変更
・好きな目を6に変更
という6好きにはたまらない建築物。

この「貿易港」でダイスを6に変換しまくって…。

「大商館」を建てたぞ! これでさらに6が手に入るぜッ。

ところで1とか6とか言っているが、一応数字にもフレーバーがある。

・1=失業者、人
・2=小麦などの食糧
・3=馬やラクダなどの家畜
・4=材木
・5=銅や鉄などの鉱石
・6=金貨や宝物


はもげが「大商館」の能力で1(人)を6(金)に変換しまくっていたら、だんしゅにツッコミを喰らう。

だんしゅ「今まで集めていた人たちをどこへやった? まさかその金は…」
はもげ「キミのような勘のいいガキは嫌いだよ」


などと錬金術師ごっこをしつつ、2人してダイスをこねくりまわす。

だんしゅ「うーん、うーん。このダイスを6にして…、4の目のダイスを生産して…」
はもげ「ひゃっはー! 6、6、6ぅ~」


などとやっているあいだに、だんしゅが真面目に20勝利点を得てゲーム終了。

多彩な建物を駆使して、勝利に一直線!

はもげも頑張ったが、この有様だ。

まあ正直6を集めすぎたね。アホだね。金に溺れたね。

このゲーム、箱庭ゲームが好きな人はハマるんじゃなかろうか。手に入れた建物を活用してさらに建物を建てる…という領地拡充の喜びを存分に味わえる。

さらに「ダイスを振る」という乱数的要素と、出た目をチョイスするという意思決定のバランスがいい。ガチでも運でもないところにシビれる。

というわけで、箱庭ゲーム好きなはもげとだんしゅは大変満足! さらにまだまだ使ってないサプライカードが山ほどあるので、飽きずにゲームを楽しめそうだ♪

さあて、明日はどの建物で遊ぼうかな!





[2014/11/15 00:50] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
やりなおし:インセイン工作
以前作ったお守り、武器などのチットデータを紛失。キィィィイ! こんなことで発狂しないぞ、俺は!

まあ、以前のものはちょっと小さすぎたし作り直すか…というわけでこんな感じに。


狂気カードの4分の1サイズ。以前より大きくなったので、裏面には使用した効果も記載。


出力したものを折り曲げて…。


のり(木工ボンド)で貼り合わせて…。


切り離してできあがり。


2枚重ねな上にボンドが補強してくれるので、結構頑丈。

さあ、あとはやるだけだ(笑)!
[2014/11/14 00:00] | 工作 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
カルカソンヌ 塔
先日の遠征で購入した『カルカソンヌ:塔』。早速プレイしたのでその記録。

基本ルールは変わらない。
都市や道を作る現場にワーカーを派遣して、完成させて勝利点を稼いでいく。


写真でやけに積み上がっているのが、今回購入した拡張の「塔」だ。この塔がどういう役割を果たすかというと…。


この塔から見渡せる範囲にある他プレイヤーのワーカーを捕虜にできる。この写真は塔を配置したはもげ(青)が、だんしゅ(黄)のワーカーを連行しようとしているところ。

ちなみに見渡せる範囲は「積み上がっている塔コマの個数」で決まる。もちろん高い塔はとても見晴らしが良い。

そして、この塔は全プレイヤー共有。自分が塔を高くしたばかりに、あとで相手に利用されてワーカーを取られることも(笑)

そんな塔争いに終止符を打つのがわれらがワーカー。1人犠牲(ゲーム終了まで帰ってこれない)になることで、塔を増築できなくなる。

どーん、と塔に蓋をするんだ!

といった感じで先に勝利条件を満たせば勝ち!

はもげ「結構アグレッシブな展開になるね」
だんしゅ「うー、塔の扱いが難しい」


そんなこんなでお互いの捕虜を取り合ったり、城を完成させたりして楽しんだ。



最後はえらくでかい城を完成させただんしゅの逆転勝利!

途中までははもげもリードしてたんだけどなー。塔にこだわり過ぎたか…。

この拡張版、ワーカーを取り合うせいか基本ゲームより点数の伸びが少し鈍くなる。
ただ、ゲーム自体は「ワーカーを置く」or「塔を置く」などの選択肢とダイナミズムが追加されて、大変良いプレイ感だ。他プレイヤーのワーカーを捕まえたり、ワーカーを派遣したりするのは基本ゲームよりも相手に直接攻撃ができて楽しい。『大人のカルカソンヌ』といった感じ。

木ゴマやタイルはもちろん、どデカいタイルタワーもついていて、「ルールを増やさず選択肢を増やす」という、おそるべき拡張版。買ってよかった…。

次は塔から見つからないところで頑張るぞ!





[2014/11/11 23:50] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
長野、東京秋紀行
友人の披露宴に出席するため、生まれて初めての長野へ。アルバム代わりに、旅の記録をつけておく。

【1日目】

新宿駅から特急に乗り込む。これが「あずさ」か! ピースサインはだんしゅ。


今から披露宴だというのに、電車内でヤッちまう俺。憧れだったんだよな、こういうの。

式の前に国宝「松本城」に寄り道。黒くてコンパクト!


肝心の披露宴は、新郎新婦ともに幸せそうでした。たまに披露宴とかに出ると、身の引き締まる思いだ…。

【2日目】
松本から長野に戻って、「善光寺」とその門前町を楽しむ。


写真だと伝わりづらいけど、デカい。
善光寺の外観は渋い感じで、内観はスゴくギラギラしていた※写真はご遠慮。
宗教の威容を伝えるためのデザインだと感じた。発想が西洋のステンドグラスとか、フレスコ画と同じ気がする。

個人的感想だけど。


だが、食い気は威容に勝る!
長野名産の蕎麦を楽しみつつ、東京へ向かう。

東京では夕方まで目黒、中目黒、代官山をウロウロしてきた。だんしゅお目当の店を巡りつつ、最終目的地である原宿に到着。



夕飯は「原宿餃子楼」で餃子。
モヤシに甘辛いそぼろが掛かっていて、やたらウマい。飯もビールも捗る…。だんしゅが特にお気に入りで「モヤシだけでもいい」とのこと(笑) 餃子も安くてうまかった。

【3日目】
ついに俺の日がきた!
朝イチで中央線に乗り込み、高円寺へ。

新しい「すごろくや」にお邪魔してきました! 店内が以前よりさらにスッキリ整理され、大満喫。

昼食は高円寺の「ハティフナット」なる店で玄米カレー。うーん、悪くない。そして、写真はない。

さあ、腹ごしらえのあとは秋葉原方面へ。なんだか電気街口が俺の知ってる秋葉原じゃなくなってたけど、とりあえず「ロール&ロールステーション」と「イエローサブマリン」に突撃!

ヤバいヤバい、ヤバいよー。金が足りないよー。

というわけで、戦利品。値札が付いたままなのが生々しいけど、自分への戒めということで…。

個別の感想はその都度ブログにあげます。

・クク21
・カルカソンヌ:塔
・すすめ!! 海賊さん
・インセイン2
・Age of Craft(エイジオブクラフト)
・Dragon and Bandits
・BONES ミニチュア 2コ

個人的には、だんしゅがすごろくやで見つけた『すすめ!! 海賊さん』と念願の『インセイン2』が買えて良かった…。カルカソンヌ拡張も狙ってたし、エイジオブクラフトも欲しかったし、ドラゴンアンドバンディッツとミニチュアは一目惚れだったしで大満足。

あとはゲームをやる時間を確保して、楽しもうと思う。ゲーム会にも持ち込もう!

もはや足が棒のようだけど、大変充実した旅だった。特に、遠方の友人を祝えたのは、とてもうれしいことだ! さらにボドゲも買えて言うことなし! 明日から仕事頑張ろう!



[2014/11/10 22:19] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top
| ホーム |