ボードゲーム会 4月の2
今日も昼過ぎから参加してきました!

例によって丁寧語で感想など…。

【村の人生】

自分の一族を活躍させて、村の名士録に載ることを目指すゲーム。2、3回目のプレイです。


4世代にわたる自分の一族。
彼らに農作業をさせたり、議会に送り込んだり、教会で出世させたり…。旅に出ることも!

それぞれの分野で名を馳せた彼らは、早い者勝ちで「名士録」に登録されていきます。

他のプレイヤーも含めた早い者勝ちなので、早めにリタイアさせたい…。
けれど働き手も確保したい…、タイミングのジレンマが効いたいいゲームです。

結果は僕が安定の最下位でした! 初めてプレイした方もいたというのに…。

僕は名士録には載れそうにありません…。

【パンデミック:キュア】

懲りずに今日も取り出した「パンデミック:キュア」。世界に蔓延するウィルスの治療法を発見すべく奮闘する協力ゲームです。

自分のアクションもウィルスの拡大も、基本はダイスロールにかかっています。

運が悪いと…。

こんなことに(笑) 写真は、何もできずに状況だけが悪化した状態です。

不条理なところが「ウィルスとの戦い」という感じで好きなんですが、この目を出したプレイヤーさんはガッカリされていました(笑)

ゲーム内容はかなり共闘感があり、短いながらも充実した出来です。

そして難しいです。

1度目のゲームではウィルスに負けて人類は滅亡。まあ、パンデミックあるあるですね。

「ゲームにも慣れたし、2回目こそは!」

と意気込んだ4人のプレイヤーたちですが、ハイテンションかつハイスピードなプレイングにより、見事…!


敗北!

最後に3度目の正直ということで、新プレイヤーさんを含めた4人でプレイ。冷静な新プレイヤーさんが「治療法発見のための検体」を上手くトスし続けてくれました。


そして努力が実り、3度目のプレイは人類を救うことができました! やったー!


今回も皆さんと楽しく遊べて良かったです! また、自分が訳したものが好評だとうれしいですね。あとはインストの腕をあげて、また持ち込みたいと思います!

[2015/04/26 20:48] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
復活の兆し
最近芳しくなかっただんしゅの体調が良くなったので、ボドゲリハビリとして『パッチワーク』をプレイ。


すっかりわが家の定番だ。

はもげ「今日は勝てる気がするな~」
だんしゅ「さすがに負けそう。久しぶりだし…」


だんしゅ「うーん、うーん」

久しぶりにやると、悩ましいよね。この1マスタイルも便利なような不便なような…(笑)

そして迎える衝撃の結末。


なんと、だんしゅが2マス空きで24点のハイスコア! はもげはトータル5点……⁉︎

だんしゅ大復活!!!
はもげは大転落!!!

はもげの勝てる予感など、所詮儚い願望でしかなかったのであった…。

次は…次こそは…ッ!

[2015/04/19 22:41] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(7) | page top
ボードゲーム会 4月
実に2ヶ月行きそびれた地元のボードゲーム会に遊びに行ってきました! 体調不良のためだんしゅは留守番です。

モタモタしていたら、14時からの参加になってしまいましたが…。

例によって失礼等ないように丁寧語で備忘や感想などを記します。プレイしたゲーム数が少ないので、少し詳しく書いています。

【パンデミック:キュア】

ついにお披露目! ダイスを振って出た「アクションの目」を使って、世界にはびこる疫病の治療法を探すゲームです。


こんな感じのプレイヤー用のダイス(写真奥)。

手前の普通っぽいダイスは、ウィルスを表しています。


ウィルスは出た目によって、各地域に配置されます。これらのダイスを取り除いたり、検体として採取しながら治療法を見つけていきます。


ウィルスを検体採取(=キープ)した状態。手番中に一度だけ治療法発見を試みることができます。出目の計が13以上なら無事成功!

13以上の出目を出すためにも、ぜひ手元にはたくさんのダイスをキープしておきたいところ。

ただし1人でいくつもキープすると、自分のアクションで振れるダイスが減って…(手持ちのダイスを使ってウィルスをロックするため=アクションダイスとして振れない)。

この辺りはよくできていて、他プレイヤーから検体を提供してもらうことで、自分のアクションを減らすことなく検体採取が可能。

協力ゲームとしては、本家パンデミックより共闘している感じが出ていると思います。


これは皆さんから検体提供を受けたところ(笑)

あまりにも僕のダイス運が悪すぎて(13以上の出目が出なさすぎた)、皆さんからテコ入れされてこんな数になってしまいました…もちろんこの後は治療法発見に成功!

まあ、この数を振ればさすがに…ね(笑)?

3人で計2回プレイしてどちらもギリギリで地球を救えました! しっかり調整されたいいゲームですね。雑談でも出ましたが、セットアップがラクなのも好印象。日本語化を頑張って良かったなあ…!

お付き合いいただいたお2人も、ありがとうございました!

【コロニアリズム】
植民地主義をテーマにした陣取りゲーム。世界各地のエリアで、影響力を競って資源を集めます。


こんな感じの世界地図で、エリアごとの影響力を競います。もちろん派遣した自分の色のコマが多い方が資源の優先権アリ。

コマを派遣したりするアクションの他、こんなカードを使ってさらにエリア占有を強化することができます。

撮る角度を間違えて、何のカードかわかりませんね…。

これらは自分に有利な特殊効果を発動できます。もちろん他プレイヤーも使ってくるので、使うタイミングが大事。

最終的に3種の資源が得点になりますが、重要なのは「1番少ない資源の個数が得点になる」こと。

つまり、黄色3/茶色5/黒色4であれば得点3になります。

これを考えて、あまり偏りなく資源が集められるよう資源産出エリアを占有していく必要があるわけです。

うーん、こりゃ大変なことになってきちゃったぞ!


白コマがぼくです。途中でウンウン唸りながらなんとかゲーム終了。ままならな過ぎて、途中で投了しそうになりました(笑)

結果はは安定の敗北☆

初見にしては頑張れたでしょうか? まだまだ考えが及ばない所を感じたので、機会があれば再戦したいですね。


というわけで、今回も濃密なゲームを楽しめました! 次回はもっと早く参加して、いろいろなゲームをプレイさせていただければと思います。

ご一緒してくださったみなさん、ありがとうございました!

また、貴重なラスト1個の破れ饅頭トークンをくださったtumeさん、ありがとうございます! だんしゅが大変喜んでおります(笑)


[2015/04/12 21:46] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
お、終わった…終わったぞ
パンデミック:キュアの日本語訳が終わりました!


購入から1ヶ月、プレイをガマンしてチマチマ翻訳を進め…翻訳が終わったらレイアウトし…。

今しがた作業が終わりました。納品です(自分に)。

注目はマニュアル。A4判8頁をA5判4頁に無理矢理捻じ込んだ、出色のデキ(自画自賛)。

単にプレイヤーがターンにやるべきことの視認性を上げたかったんだ…(元版は頁をまたぐ)。


なんか燃え尽き症候群気味だけど、プレイするのが楽しみだ!
[2015/04/05 20:41] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
| ホーム |