クリーチャーズ初プレイ。
先日届いたクリーチャーズ。手違いでルール和訳が後日発送とのことだったので、英文科出身のだんしゅがルールを和訳してくれた。

しかもきっちりレイアウトしてある(笑)職業病やなあ。ありがたや~。

だんしゅの訳してくれたルールを元に、簡単に書くことにする。
【ルール概要】
◇各プレイヤーは7枚のカードを持つ。
◇手番プレイヤーは山札から一枚引いて攻撃する相手を宣言するか、一枚捨て札にして手番を終了するかを選択する。攻撃を宣言したら、手持ちカードから「頭」「胴」「尻」の各パーツを場に出してクリーチャーを作る。
◇攻撃を宣言されたプレイヤー(防御側)は、出せる場合は防御クリーチャーを出して応戦しないといけない(要は頭胴尻が手札にあった場合はマスト)。応戦できない場合、負けになる。
◇クリーチャーが揃ったら、攻め手、守り手の各パーツの数字を合計して、数値の高い方が勝利。攻撃プレイヤーが他プレイヤーに全て勝った場合、チャンピオンクリーチャーとして場に置いておく。
◇攻撃、防御問わず勝ったプレイヤーは、負けたプレイヤーのクリーチャーから一枚を手札に加える。
◇以下繰り返して2人プレイなら5体、3~4なら4体、それ以上なら3体のチャンピオンクリーチャーを作ったプレイヤーの勝ち。どんなにキモいクリーチャーでも勝ち。

とりあえず

ハモゲの手札。胴体がないよ、胴体。これじゃ応戦できないよ(応戦できないと負け)!

プレイの結果はあとで書くとして、このゲームのキモであるクリーチャーたちを紹介しよう。

ハモゲ「グリゾダー」…? 普通にその辺歩いてそう。強い。


だんしゅ「フラライル」ニョロニョロしてる。生活に不便しそう。


だんしゅ「バーガパス」モビルアーマーみたいでカッコいい。そして弱い。


ハモゲ「ハメトス」躍動感溢れる! けど、この頭で陸上生活は大丈夫だろうか?


といったように、神様が不真面目に作った生き物たちが誕生しまくりました。

結果は、先に5体チャンピオンを作っただんしゅの勝利。ハモゲもあと一体だったんだけどなー(>_<)惜しい!



全体的に勝負というよりも、過程を楽しむゲームと言える。もちろん、ゲーム性も「いつ勝負をしかけるか」という読み合いがイイカンジでゆる~く効いて、結構楽しめた。

ちなみに、満場一致のキングオブキモいはこちら

だんしゅ「マコンクーダ」なんか、もうホントスゴイよね。顔の可愛さがキモさに拍車をかけてる。道にこんなんがいたら失神しますわ。

またプレイしたいな!
[2012/11/04 23:49] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<『ロールシャッハ』を観てきました。 | ホーム | クリーチャーズが届いた!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://daifuco.blog.fc2.com/tb.php/10-aea54fec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |