ロビンソン漂流記をテストプレイ
激務の合間になぜかポチってしまった『ロビンソン漂流記』をやっと開封。

このユル過ぎるイラストがたまらない、ソロプレイ用ゲームだ!

プレイヤーは島の住人「フライデー」となって、お邪魔ものの「ロビンソン」をさっさと島外に送り出すことが目的。

マニュアルを読んだだけではイマイチ掴めなかったので、ひと通りプレイしてみた。

デッキとして積まれている「災厄」カード。食人族とか怖すぎる。フライデーさんこんなところに1人で住んでるの?

基本はこの災厄カードを乗り越え、ロビンソンを鍛えていくことになる。

そして最終的にこの2隻の海賊船を撃退することで、ロビンソンは島生活を卒業。

指導役のフライデーも晴れてノンビリ生活というわけだ! でも、徒手で海賊船はハードル高くないか?

まあ、とりあえず災厄カードをめくって…。
ロビンソンデッキ(災厄解決=戦闘に使う)を指定枚数めくって…。

災厄解決に必要な戦闘値は緑枠数字の「0」。ロビンソンカードの数値も0。同数以上なので、解決! カード能力で体力(食料)もゲットしちゃうよ。

なんだ、楽勝なのか?

ついに俺はボドゲが強くなったのか?!



ところがどっこい、途端にヤル気をなくすロビンソン。「−1」てアンタ…。まあこのターンの勝利は諦めて、次ターンに期待だな。

ペラッ

そして更にヤル気をなくすロビンソン。
てめぇ、ヤル気出せよ! 表情が散漫過ぎるだろ!

ただ、戦闘に負けてもプレイしたカードを「失った体力分」廃棄できる(例:体力−1なら1枚廃棄)ことはかなりのメリット。

散漫カードは腹立たしいけど…負け方が大事ってことかな。こうやってどんどんロビンソンデッキを圧縮して、必要なカードだけにしていかないといけないようだ。


だって、こんだけめくって問題解決できないんだぜ(災厄は写真中央カードの上部。解決すると、ひっくり返ってお役立ちカードとしてロビンソンデッキに入る)? 圧縮するしかないでしょ!

圧縮好きの俺的にアリだな、このゲーム。

ゲームが進むにつれ、戦闘難易度は上がり、ロビンソンは衰弱していく。

それらの問題をうまくかわして、目指せ海賊船撃退!

今回はルール確認のため、1巡のみのプレイとなった。「ヤル気出せよ!」と自分に言いたいが、いかんせん眠気には勝てない。

あ、注意力が散漫に…!

ZZZZzzzzzzz………。



[2014/04/02 23:30] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<光陰矢の如し | ホーム | 狂気慕情>>
コメント
フライデー(ロビンソン漂流記の原題)・・・

ボクは日本語版を待てずにドイツ語版を買ってしまいました。
おかげで対応表片手にプレイしております。

このゲーム、コツというよりも、デッキをゴリゴリ圧縮する勇気が必要ですよね。

ボクはなかなか、その勇気が持てなくて、警戒:黄で玉砕していました。
(といっても未だにレベル1をクリアできていませんが)

是非今度一緒にプレイしましよう!!
・・・そういえばソロ専用でした・・・
[2014/04/03 19:34] URL | bmx #- [ 編集 ]
bmxさん
マジで圧縮の思い切りが大事ですよね! 今度の土日にガッツリ取り組みたいと思います。今度隣り合ってやりましょう、ソロプレイ(笑)
[2014/04/03 23:23] URL | はもげ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://daifuco.blog.fc2.com/tb.php/117-581cd3ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |