ボードゲーム会 6月
梅雨も盛りのこの時期、相も変わらずボードゲーム会にお邪魔してきました。

今回は結構な種類のゲームを楽しむことができました。みなさんありがとうございます!

というわけで、備忘も兼ねて感想をツラツラと。例によって僕はアレなのでアレな感じで記します。

【PERGAMON】
ドイツアマゾンから届いたという、初見のゲームをプレイさせてもらいました!

どどーん。パッケージが大迫力!
遺跡から宝飾品の欠片を発掘し、完成させて博物館に寄贈していくゲームです。


こんな感じで並ぶ(縦列が地層)宝飾品を発掘して…。


こーんな感じで手元にパネルとして手に入れて…。あぁして、こうして、これをこっちに…!


無事美術品として完成したら、博物館に寄贈して勝利点を手に入れます!

古ければ古い品を寄贈するほど勝利点も高いので、寄贈するタイミングも大事です。あんまり貴重でない(新しい)宝飾品を寄贈しても、メリットが薄いのです。

そして手番順にジレンマが。

毎回資金の配分が行われますが、資金を優先すると宝飾品が他プレイヤーに取られてしまうかも…。宝飾品を優先すると資金が少ししか得られないので、バランスが大事ですね。

結局ダブルスコアに近い差をつけられ、敗北!

負けてしまいましたが、コンポーネントとテーマのマッチングが良いゲームでした! 何かをカタチにしていく、というテーマは取っ付きやすくてステキですね。

【Once Upon a Time】

美麗なカードたち。このカードを駆使して、自分が迎えるべき結末への物語を紡がねばなりません。

もちろん一度に結末には向かえないので、他プレイヤーに語り部を引き継ぎながらゲームは進行。

ただ、各プレイヤーは迎えたい結末が違うので、自然と物語は迷走していきます(笑)

かなり笑える展開になることもあり、今回は「王様が探し求めた秘宝の釜から、王子が飛び出てきて突然戦う」というトンデモ状態に! 誰だよ、王子って!

ちなみに僕が達成すべき結末はこのカードでしたが…。

暴君を物語に登場させる間もなく、アクロバティックな物語が展開されていました(笑)物語の整合性を優先しようとして、ちょっと消極的な語りになってしまったかな…。

多少強引な語りの方が、クライマックスが演出されて楽しそうです。

【ダンジョンオブマンダム】
「こんなダンジョン、盾なんかいらねーし」
「はあ? 俺なんか鎧もいらねぇ!」
「おいおい、お前ら武器とか持ってかないよな?」
「じゃ、いってらっしゃーい」
「え、ちょ」

な展開が楽しめるオトコたちの度胸試しゲーム。

ダンジョンのモンスターをかいくぐり、無事最奥まで辿り着いたプレイヤーがオトコオブオトコとして讃えられます。

みんなやたらと装備を外してオトコアピール。まだいける、まだいけるが合言葉。

なので、ゲームから下りるタイミングを逃すと裸一貫で危険なダンジョンに潜るハメに…。

度胸と勘が試される、ステキなブラフゲーム。テーマもRPG的な感じで馴染みやすいですね。

自分がクリア達成するより、他プレイヤーを騙して危険なダンジョンに向かわせるのが楽しいです(笑)とか言ってたら途中脱落してしまいました!

【カルカソンヌ】

言わずと知れた、タイルを配置して街を作っていくゲーム。ワーカーを派遣して道を作ったり、城を作ったり…。完成するまでワーカーは帰ってこないので、目論見を外すと手番が苦しくなります。

というわけで、小刻みに勝利点を稼ぐ作戦。なにやら上手く戦術が回り、勝利!
僕の性格的に大物を狙うと大体失敗するので、自制したのが良かったようです。

雰囲気もいいし、ルールもシンプルだし、やっぱりいいゲームですね。


86点という自己ベストでした!

【ルーム25】
5×5部屋からなる建物から脱出するゲーム。スリラー映画の名作『CUBE』のノリです。

プレイヤーの中には裏切り者がいて、他プレイヤーを陥れようとしてきます。もちろん正体は秘匿されています…。

誰が味方で敵なのか…この疑心暗鬼感がたまらないですね!


「入ったら即死する部屋」「入ったら溺れる部屋」「幻覚を見る部屋」など、ドS極まりないトラップたち。部屋は確認するまでどんなトラップがあるかわからない(伏せて配置されている)ので、手探りで移動していくことに…。

さらに部屋は頻繁に移動したり入れ替わったりするし、カミングアウトした裏切り者は追っかけてくるし、なかなかスリリング。どの部屋が安全だったかなんて覚えきれません(笑)

今回は無事逃げ切り、ついでに裏切り者を即死部屋に突き落として勝利!

勝っても負けても物騒で不謹慎でクールなゲームでした! 手軽だし、これは欲しくなりますね~。


今回はここまで。
心地よい疲労とお土産の破れ饅頭をもらって、帰途につきました。

皆さん、またよろしくお願いします!









[2014/06/22 21:19] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<「モゲタとマコチ」その2 | ホーム | 「モゲタとマコチ」その1 後編>>
コメント
今日は同じ卓になれませんでしたね

次回はぜひ同じ卓に、だんしゅさんも一緒に^^

やぶれ饅頭トークンは2人で食べましたか?w
[2014/06/23 00:18] URL | tume #- [ 編集 ]
tumeさん
今回は同卓できず、無念でした…。
まただんしゅも連れて行きますので、その時はよろしくお願いします! 
破れ饅頭トークン、だんしゅが夜食に食べ、朝食べ、昼飯のデザートに持って行きました(笑)どんだけ好きなんだ、と!
[2014/06/23 12:48] URL | はもげ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://daifuco.blog.fc2.com/tb.php/132-f0557b31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |