牧場の動物たち プレイ!
あの物理的にも内容的にも重量級の傑作ゲーム『アグリコラ』に、2人用ゲーム「 『牧場の動物たち』が登場した。



「小さい箱に入ったビッグなゲーム」という謳い文句の通り、大分コンパクトなセット。さっき重さを測ったら、

☆アグリコラ(以下、本家)……… 2,000g
☆牧場の動物たち(以下、牧物)……500g

という衝撃の減量っぷり。iPadからiPadminiどころの沙汰ではない。内容物に職業・進歩カードが無いのと、2人用ということでプレイヤーボードが少ないせいだろうか? プレイヤー周りのコンポーネントがスッキリしたのは個人的にポイント高いな~。もう、本家はセッティングから大仕事だったもんね。

とまあコンパクトさに衝撃を受けつつ、ゲーム内容を確認。

【補充フェイズ】
ラウンドボードに指示のある、各動物や資材を補充する。

【労働フェイズ】
各プレイヤーは3人の家族(=労働者、今回は増えない)を、交互にラウンドボードにある「資材を取る」などのアクションスペースに派遣する。派遣されたらすぐにそのアクションを行う。他の労働者が置かれていたらそのアクションは選べない。また、牧物では領地自体を拡張することもできるようだ。さらに、木材、石材、葦といった資材を使って家をグレードアップしたり色々な建物を建てたりもできる。このゲームの1番楽しいところだろう。

【帰宅フェイズ】
両プレイヤーが労働者を全て派遣し終えたら、帰宅(プレイヤーの手元に戻す)。僕も帰宅大好きです。

【繁殖フェイズ】
本家でもお馴染み、ウキウキ繁殖タイム。同種の動物がペア以上いる場合、1匹増える。本家と同じく各動物は1匹ずつしか増えない。

【以上で1ラウンド終了】×8
で、最後に動物の数や建物のグレードで得点を計算。立派な牧場を作ったプレイヤーが勝利!

本家との大きな違いは、さっきも書いたが進歩・職業がないこと、家族が増えないこと。最も驚愕するのはあれほど悩まされた食糧問題がないことだろう。

ついに人類は食糧問題を克服したのか…(違う)!

あとは、建物類の四辺を壁として使えることも大きい。本家では、柵は柵コマで閉じる必要があった。これはどういう戦略にするか、今から悩ましい…!


【序盤】スタートプレイヤー…はもげ
初っ端から領地を拡大し、木材を取って囲い作りに励むはもげ。牧物では完全に閉じて設置しなくてもよい。建物が柵の代わりをしてくれるからだ。

写真は将来的に建物で柵を代用しようと、開けてある。

だんしゅは資材を地道に溜め込んでいる。よからぬことを企んでいるのだろう。

【中盤】
初プレイなので、お互いまだ腹の探り合い。

この棒(牧場を囲う境界コマ)の数でのこりラウンドがわかる。つまり残り4ラウンド。


資材が写ってないが、だんしゅはゆるゆると牧場作り。実は資材持ち。何気にはもげからスタートプレイヤーを奪ったりしている。


はもげはとりあえず領地を埋めていく作戦。当初の見通しが甘く、折角置いた壁コマと建物の境界がカブったりしてきた。
境界コマは有限なので、なるだけ建物の壁を有効に活用した方がよい。…わかっちゃいるんだけどさー。ノリでやらかしちゃうんだよねー。

【終盤~終了】
はもげ、だんしゅともに領地をさらに拡大。拡張した領地を全て埋めるとボーナス勝利点なので、頑張る。

だんしゅは領地ボーナスを諦め、倉庫(持っている資材の数の1/2勝利点)で資源ボーナスを狙いはじめた。

はもげは動物を全種類集めるために、厩やら飼葉桶やらで飼育スペースを拡充。

本家よりアクションの選択肢が少ない分、取捨選択がしやすい。それぞれの路線で勝利を狙えるのは、本家よりゲームらしさが出てて面白い。

最後まで悪あがいた2人の農場は…

はもげ…動物モリモリでムッチムチの農場に。


だんしゅ…両替パネルを使っているのでスッキリして見えるが、頭数的にはムッチムチ。右領地は埋めるのを諦めて、倉庫狙いに行った結果だ。

【結果】
はもげ…35点
だんしゅ…32点


僅差ではもげ勝利ーーーー!

しかし、ウヴェは勝利点マイナスするの好きだよなー。この辺は何とかならんのか(笑)ドSなのか?

総じて、本家より考えることが減ったことで、よりゲーム自体を楽しめる作りだと思う。しかし、システムがスマートになったのにあの濃密なジレンマは健在だ。このバランスこそアグリコラ。

予想を裏切らず、楽しくプレイできた。ワーカープレイスメントってウキウキして好きだなぁ。またプレイしてスコアを伸ばすぞ!

まあだんしゅの方が先に上手くなるんだろうけど(笑)
[2012/12/05 19:58] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<牧場の動物たち 2回目 | ホーム | アグリコラ 牧場の動物たちが届いた>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://daifuco.blog.fc2.com/tb.php/17-b7fda637
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |