スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
『カーソンシティ』などをプレイ!
今日も地元のゲーム会に遊びに行ってきました!
感想と備忘をいつもの丁寧語で記しておきます。

【カーソンシティ】

西部開拓時代のアメリカで、街を発展させつつナワバリを拡大していくゲーム。5人でプレイ。

毎ラウンド、街の人々を仲間にします。

写真は「開拓者」。このラウンドで10コスト払うことで、土地と建物をセットで手に入れることができます(通常は土地の取得と建物の建築は別アクションが必要)。
さらに仲間に選んだ職人次第で、そのラウンドの手番が決まります。強力な効果の職人ほど、手番が遅くなるイメージかな? ラウンド序盤から悩ましい…。

他にも「新聞配達少年」や、「馬の世話人」など有利になる効果を持つ人々が。

その後、自分の手元にある労働者を派遣して仕事をさせます。

「土地を得る」「建物を建てる」「馬を飼う」といった街を発展させる仕事や、「勝利点を得る」「このラウンド中は銃を増強する」などの効果も。銃というのが物騒な感じですね(笑)

基本的に他のワーカープレイスメント(労働者派遣)ゲーム同様「1つの仕事」には「1人の労働者」しか派遣できません。ただし労働者の派遣先が他プレイヤーとバッティングした場合、解決する方法があります…。

それが決闘!

先ほど書いた「銃」の合計値とダイス目の合計で決着! 各プレイヤーやりたいことが大体同じなので、頻繁に銃を撃ち合うことに。闘うワーカープレイスメントというのはユニークですね。


これが各プレイヤーの思惑と血と金が入り乱れたボード。建物同士のコンボもあり、土地の確保、建物の把握などプレイ中の要素は多岐に渡ります!

というわけで方向性と考えがまとまらず安定の最下位…。なかなか効果的な建物を押さえられなかったのが敗因ですね。馬を上手に使ったプレイヤーさんが圧勝でした!

豪華なコンポーネントと、闘うワーカープレイスメントという要素が魅力的なゲームでしたね!


【アンタークティカ】

未来の南極を舞台に、公共施設を建ててお互い利用しながら人類への貢献度を稼いでいくゲーム。4人でプレイ。

いくつかのエリアで構成された南極を回りながら、公共施設(研究所や資源生産施設)を建てていきます。公共施設なので、他人が建てた施設も無償で使用することができます。

自分が利用したい施設があるところにうまく船を移動させつつ、研究員を増やしたり研究を進めたり、施設を増やしたいところですが…。


各エリアには船が3隻しか停泊できません。さらにエリアごとに発展度が違う(各プレイヤーの思惑次第)ので、停泊できたエリアでやりたいことができるとは限りません。

なんて悩ましいんだ!

最終的なスコアはそのエリアに「最多の研究員を送り込んだプレイヤー」に多く入るので、その算段も立てておく必要があります。できるだけ1つのエリアを重点的に育てたいところですが、発展させたいところに自分が入り込める保証はありません(船を停められない可能性がある)。

というわけで他のエリアにも将来を見越した施設と人員を割いておく必要があり…なんて悩ましいんだ!

ゲーム中盤以降は、全プレイヤーが船の建造に励んだおかげで各エリアが大渋滞(笑) やれることを増やそうとして、逆に自分たちの首を絞めるという逆転現象でした! みんなでため息を連発する、苦しいプレイでした…。


最終的に僕はどのエリアでも最多になれず、なんとも切ない貢献度。安定の最下位でした…。

やはり、エリア最多でスコアを伸ばしたプレイヤーさんが勝利されていましたね。

考えることが多いゲームですが、中盤で施設が増えてからの加速感と、徐々に発展する南極大陸は見ていてワクワクするゲームでした!


今日も知らないゲームをプレイすることができて楽しかったです! どちらも考えることが多くて知恵熱が出そうでしたが…(笑)

最下位気味の僕ですが、みなさんまた遊びましょう~。写真を撮らせてくださった持ち主さんも、ありがとうございました~!









[2016/04/24 21:26] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<禁断の道に踏み入る | ホーム | プエルトリコとか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://daifuco.blog.fc2.com/tb.php/234-21d44b3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。