ファンタジーライフ アフターライフ2
メグおばさん「あらあら、モゲタはまたライフ変えちゃったのかい?」

モゲタ「うん。前のライフは僕には向いてなかったみたい」

メグおばさん「そうかい。早くモゲタに合ったライフが見つかるといいねえ」

モゲタ「大丈夫さ! 僕にはもっと立派なライフが向いてるのさ!」

メグおばさん「そうだねえ。モゲタは偉いねえ」

という会話は特にされていないが、モゲタはチマチマ頑張っている。

まあ、世界を救ったんだから間違いなく偉いモゲタなんだけど、料理人の道は未だ極まらず。だってとんでもない数の干物作ったのに、まだ魚料理すらマスターできないんだぜ?

前回よりさらに増えた干物。干物屋さんというライフがあれば間違いなく伝説級だ。

ままならぬ料理ライフに辟易し「もう料理なんかしてらんねーよ!」と、なかばヤケクソ気味に始めてしまった『木こり』なんだけど…。


はい、英雄になったよー! 視界に入る樹木を片っ端から切り倒してたら、こんなんなっちゃった。どうもこのライフに適性があったようで、あと二つクエストをこなしたら伝説(打ち止め)になれそうだ。


あれー?

モゲタ「安西先生、料理がしたいです…」
[2013/02/07 23:18] | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<カナイ祭『成敗』と『LoveLetter』 | ホーム | うがい、手洗い、パンデミック>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://daifuco.blog.fc2.com/tb.php/35-aa93ad02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |