スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
燃え上がるSF熱
※文中の作家さんは敬称略しています。
どの方もウルトラリスペクトしています!




半年くらい前に上田早夕里『華竜の宮』を読んで以来、ジワジワとSF熱が上がってきている。あんまり詳しいジャンルではないので、探り探りだけど…。

伊藤計劃『ハーモニー』や小林泰三『天獄と地国』なんかは特に面白かった。野尻抱介の『ピアピア動画』や『ふわふわの泉』も斜め上の発想で楽しい。早く軌道エレベータが完成しないかな。

しかも、SFがーとか言ってる割には麻耶雄嵩『隻眼の少女』、浦賀和宏『眠りの牢獄』の文庫落ちはしっかり押さえた。どっちも安定した絶望系だった。他にも多分なんか読んだんだろうけど、あまり覚えていない…。
あ、ハモゲの愛する現代随一のカストリ作家・飴村行『爛れた闇』は現在積み本中…。

最近は長大な作品が読みたくて、小川一水『天冥の標』シリーズをKindleストアで買いあさっているところだ。『第六大陸』のころから知ってるけど、安定して面白い作家だな、この人。

というように(?)なぜかSF(とミステリ)について熱く語ってしまったけれど、要約すると「SF系ボドゲがやりたい」ってことなんだよな(笑)だんしゅはSFどうだろなー。乗ってくるかなー。

iPadminiのRetina版が出てくれれば、毎夜『エイリアンフロンティア』と『エクリプス』をやる予定。あ、もちろん読書もね!
[2013/05/02 22:29] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ウイルスどもにサヨナラを | ホーム | ボードゲーム会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://daifuco.blog.fc2.com/tb.php/50-e6caf5c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。