スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ボードゲーム会 6月
最近、モンハンばっかりしてると思ってるでしょ…正解!

でも今日は地元のボードゲーム会に参加してきました。なんと車で行けました(今までチャリだったので…)

例のごとく僕は大人なので、丁寧語でやったゲームの備忘と感想をツラツラと。今回は本数少なめなので、ちょっと詳しく書いてみます。


『テラミスティカ 日本語版』
巷で噂のテラミスティカ! 「重いゲームがやりたいなぁ~」と思いながら会場に入ったら、まんまと混ぜてもらえました。他県から参加の皆さんでしたが、仲良くしていただいてありがとうございます!

端的にゲーム内容を書くと「陣取り」と「リソース管理」。ワーカー2種(労働者と神官)とお金を使って土地を拡張して入植したり、信仰を得たりして勝利点を稼いでいきます。土地は多く繋がっていると勝利点に。

大きな特徴として「自分の持ち種族は決まった土地にしか住めない」ことがあります。

例えばこの農家顏の種族は、ズバリ農地にしか住めません。山や砂漠に住もうと思うと土壌改良しないと…。

自分の種族に適した土地はボード上に点在状態。でも土地を繋いでいかないと得点にならない…。ということは、ワーカーを使って土壌を改良して入植していくしかないのです。

必要なら土壌改良→入植→建設→ワーカーゲット→次のターンでさらに入植地を拡張の流れです。


ゲームボード上に置かれた丸いタイルが土壌改良済みの土地。住める土地には家(大きいコマは神殿や砦)を建てることができ、それぞれの建物は毎ターンワーカーやお金、魔力を生み出します。

魔力ポイントではワーカーを使わずにアクションしたり、ワーカーを増やしたりできます。途中でワーカー不足になりましたが、今回はこの「魔力」にかなり助けられました。

他プレイヤーさんから「土壌改良カルト教団」とまで呼ばれる魔力プレイングでしたよ。信仰の力ってスゴイ(笑)!


この写真は今自分ができるアクションとリソースを表しています…が、パッと見カオス! なぜか対戦相手である周りの方たちに助けてもらいながら、なんとかプレイしきりました。


最終的な盤面。茶色のコマが僕です。こじんまりとした小国家ですが、2番目に広い領土を獲得。建物はほぼ民家…国家というか、巨大コミューン?

あとは神に捧げた神官(ますますカルト臭が漂う)による信仰力と、お金を勝利点に換算して…なんと「1位」! まあ経験者の方には40点のハンディをもらっていたんですが(笑)

いやー、楽しいゲーム。ひさびさに知恵熱が出ました(笑) 考えがうまくいってワーカーやお金を使えると脳汁がドバドバ出ますね!


『ダビデとゴリアテ』
シンプルなトリックテイキング。スタートプレイヤーから同色(同色がない場合はなんでも)のカードを出していき「場で最も小さい数字を出した人が、最も大きい数字のカードをもらう」「最も大きい数字を出した人はそれ以外のカードをもらう」という簡単ルールです。


手札の様子。ネズミかわいい。

得点方法がユニークで「同色2枚までは数字の合算が得点」「同色3枚以上は枚数が得点」というもの。つまり、取ったカードが多ければいいというものではないのです。

この写真でいうと「青と緑は数字の合算」「他の色は枚数が得点」ですね。僕としては、青と緑はもう取りたくありません。逆に赤や黄色は2枚を超えているので、枚数を集めて得点を稼ぐしかありません。

逆を言えば他プレイヤーには多く枚数を取らせるように、場に出す札をコントロールする必要があります。

なんて嫌らしい! もちろん他プレイヤーも嫌らしいプレイで僕に嫌らしいカードを嫌らしく押し付けてきます(笑)

勘所をつかむまでよくわかりませんでしたが、手軽な割に考えさせられるゲームでしたね。缶パッケージで、オシャレです。


『piraten dukaten(邦題を失念)』
僕たちは海賊です。
ダイスの出た目をお猿と自分のコマに振り分けて進め(例:6=海賊3とお猿3など)、横に長~いボードの端でお猿の落とす金貨をゲットするゲーム。



コンポーネントがかわいい。このお猿はボード端に行くと金貨を落とし、金貨が海賊に取られると折り返して逆走してきます。

ルールだけ書くとダイス目競争のようですが「金貨獲得権」はあとから来た海賊にあるのがポイント。つまり先にボード端に着きすぎても、あとから来た海賊に金貨を取られてしまいます。

お猿も自分の海賊も適度に進めながら、タイミングよくお猿とボード端でランデブーしたい! だけどダイス目と他プレイヤーの思惑でなかなか上手くイカン! 競争に参加ぜず、お猿が戻ってくるのを待つのも戦略。

手軽ながら、かなり盛り上がりましたね! ダイス目に振り回されつつも、猿を追いかけて右往左往する様は喜劇的悲劇の様相でした。シェイクスピアが戯曲にしたくなるんじゃないでしょうか(笑)

ハタから見ていても楽しいゲームだと思います!

今日は以上3ゲームでした。まだまだ知らないゲームがイッパイだ!
[2013/06/23 20:47] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
<<モンハーン! G1 | ホーム | ウサギの騎士団とペンギンの軍隊>>
コメント
一番最初のゲームを入手してください。楽しげです。
[2013/06/23 23:06] URL | だんしゅ #- [ 編集 ]
だんしゅ、アレ売切れやで。
再販があるといいな〜。
[2013/06/24 13:01] URL | はもげ #- [ 編集 ]
はじめまして
一緒の卓で遊んだ鹿児島組のばたやんです。

テラミスティカでは惨敗でした(笑)
これ、CPU相手に練習できます。
ルールを知らないとわけわかんないでしょうけど、1回遊んだはもげさんなら練習ツールとして使えるのでは?

http://lodev.org/tmai/

IEでは表示できません。Firefoxで遊べます。英語だったり略語が解り辛かったり操作が解り辛かったりですが、ああいう重いゲームでそう遊ぶ機会が無いから練習には重宝します。


それでは、また宮崎へ遠征したら遊んでやってくださいませ。
[2013/06/24 19:16] URL | ばたやん #- [ 編集 ]
最後のゲームは「モンキー・パイレーツ」です。
ウキキ。
[2013/06/24 19:21] URL | せおぽん #Dy/VPRfo [ 編集 ]
ばたやんさん
先日はどうもでした! ばたやんさんのプレイングがかなり勉強になりました。PC版も今度やってみます〜。ありがとうございます(^-^)このゲーム、なんか中毒性ありますよね。さすが話題作。また来宮の際は遊んでください!

せおぽんさん
あ、『モンキーパイレーツ』でしたね! 『お猿と海賊』とか勝手に覚えてしまっていて、すっかり失念していました(笑) 来宮の際はまた面白いゲームをご教示ください!ウキャキャ
[2013/06/24 20:20] URL | はもげ #- [ 編集 ]
「お猿と海賊」で、大体あってる。
重ゲーの後だったからか、心地よい良いゲーム感でしたね。でも、負けたのが妙にくやしいですよ。ウキョー
[2013/06/24 20:54] URL | せおぽん #Dy/VPRfo [ 編集 ]
むふふ
>せおぽん
「テラミスティカ」で最下位でも「ダビデ&ゴリアテ」と「モンキーパイレーツ」は勝ったからね(笑)

>テラミスティカAI
操作とか略号とか解らなかったらうちのサイトのボドゲ板の方にでも質問書き込んでくださいな。
この重ゲーでもAI相手だと30分程度で終わります。早っ!

>プレイング
うちのやった「第1ラウンドで鋤+2スタート」をハーフリングでやると、開拓でどんどん加点するから楽しいですよ(笑)
あと、うちはついつい「ここはこうした方が効率いいよ」と言ってしまうクチなんで、今回もちょくちょくクチを挟んでしまいました。助け舟になったんならいいんですが、ウザかったらすみません。
[2013/06/24 23:01] URL | ばたやん #- [ 編集 ]
せおぽんさん
いや、あのアドバイスがなかったら無駄足踏みまくりでした(笑)かなり勉強させていただきました!
[2013/06/25 13:36] URL | はもげ #- [ 編集 ]
たまに間違えられるけど、アドバイスしたのは「ばたやん」さん。
僕「せおぽん」じゃないよ。
[2013/06/28 19:29] URL | せおぽん #Dy/VPRfo [ 編集 ]
せおぽんさん
アウチ! 失礼しました…。
(ばたやんさんも、すみません…)
[2013/06/28 21:32] URL | はもげ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://daifuco.blog.fc2.com/tb.php/61-4585bdd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。