スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ルアーブル 内陸港

届いたよ~。このボードの針(?)がグルングルン回るんだぜ? 超興奮する…。

この『ル・アーブル 内陸港』は、元ゲーム「ル・アーブル」を簡略化した2人用の拡大生産ゲームだ。「アグリコラ」と同じゲームデザイナーの作品なので、きっと中身はわかりづらい(特にマニュアルが)だろう。やっちゃえば簡単なんだろうけど。

【ルール概要】
やることは簡単。
資材とお金を使って建物を建て、建物から得た資材とお金でさらに自分の港を発展させたプレイヤーが勝利だ。

一応具体的に書くと
・各プレイヤーは自分のターンに
「資材・お金を使って建物を建てる」
「建築済みの建物を使う(資源を得る)」
のどちらかのアクションを行なう。
※建物は使用料を払えば、他プレイヤーの物も使える。これが肝心で、邪魔するのに使えたりする

それで、資材管理に使うのがこのボード

なんだかチマチマしてめんどくさそうだ…。
だが、プレイ中の指示に従い、資源コマを動かすだけで自分の資材数が管理できちゃう優れもの。スコアボードだね。

グルングルン回る上のボードは、グルングルン回すだけで自分の建物の価値(アクション数)を管理できてしまう。

見た目はイカツい(難しげだ)が、とても良くできている。いらん世話だが、ちゃんと特許はとったんだろうか?

先手:だんしゅ 後手:はもげ
で実際プレイしてみた。

画像がボンヤリして恐縮だが、グルングルンボードの上にあるチップが建物。寝かせる(貯める)ほどアクション数が増える。が、せっかく貯めたアクションを相手に使われてしまうかもしれない…。

いつ使うかが悩みどころだ…。

しかも面白いのが、しばらく使用しなかった建物は「イラねぇんだろ、コレ」と勝手に売却されてしまうこと(笑)売却益はあるが、なんて仕打ちだよ!


はもげのボード。食糧生産に特化してみた。この後、一気に売却して金を荒稼ぎする算段だ。

果たしてうまくいくだろうか?


はもげ「う、うまくいってんじゃ~ん!」
だんしゅ「やるなあ。橋いいなー、橋」

橋は30コインで買える50勝利点の建物。勝敗以前に、橋を建てるのは男のロマンだろう。この橋のために、小麦を売り、魚を売り…。悲願を達成して大満足。

ここで終わってもいいのだが、とりあえず結果を。

【だんしゅ】

木材、レンガなどの建材で点を伸ばしている。「豪邸」や「組合事務所」など、勝利点の高い建物がいっぱいだ!
資材を点数に変換する建物も…。ヒィッ

【はもげ】

チマチマした建物たちと、一点豪華主義的「セーヌ橋」! 有り余った食糧で建てた「動物園」がキラリと光ってる。

結果は…だんしゅ190点、はもげ204点で俺が勝利!

だんしゅ「次はこうはいかないよ。ていうか、このボードすごい良くできてる」
はもげ「(次も勝てますように…)グルングルンボードもかなり便利だわ。良くこの情報量をこのコンポーネントに収めたね~」

と、システム周りに感心してゲームを終えたのだった。ゲーム自体もとても楽しいので、近いうちに再戦の予定。作って売る、は実感が伴ってゲームに感情移入しやすくていいね!
[2013/07/25 23:23] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<オ、オラのセーヌ橋が…! | ホーム | それは俺の魚だ!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://daifuco.blog.fc2.com/tb.php/66-8c00e22a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。