スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ヴァンパイアエンパイア

実は購入していたこの『ヴァンパイアエンパイア』。アートワークがカッコ良くてつい…。あ、缶ケースのゲームは初めてだな。

プレイヤーは「吸血鬼」と「人間」に別れて、相手を殲滅させることを狙う。ゲーム的には「情報隠匿」と「手札管理」といったところ。実はこの情報隠匿、つまるところ人狼っぽいゲームの勘所がまだ掴めないのは内緒。

【ルール概要】
・人間側は、人間のフリをした吸血鬼を全滅させれば勝利。
・吸血鬼側は人間を全滅させるか、場に吸血鬼として3人出れば勝利。

人間側は「聖水」を使って吸血鬼の正体を暴くことができる。だが、暴かれて終わりではない。

さっきから全滅全滅とクドいくらい強調しているのにお気づきだろうか。

そう、正体を暴かれて終わりではない。 「バレてしまっては仕方ない」とばかりに戦いが待っているのだ!

写真は正体がバレた「司教=吸血鬼」と「君主=人間」が戦っているところ。 吸血鬼だとバレた司教が、聖書片手に君主に襲いかかっている。超シュール(笑)

この辺の展開になると、ハンドマネジメントの要素が強くなる。基本的にカードデッキは両者ほぼ共通(少し違う)で使い切り。相手の正体を探りつつ、手持ちの攻撃手段を管理しておく必要がある。手持ちのカードで防御まで考えておかないといけないので、あまり無茶はできない。

ちなみに、吸血鬼側は人間(≠吸血鬼)を操って人間を襲うことができる。これで相手を疑心暗鬼にさせて、同士討ちを狙えるのだ。エグいね~。イイね~。

端的に言えば、人間側がヤマを張って攻撃したキャラクタが人間だったということもあり得る。よく考えないと、ヤバい。


これは正体がバレていない「貴婦人(実は吸血鬼)」で人間をつついているところ。ハッタリのフリをして本気。反撃しないと攻撃された側は死んじゃうので、とりあえず人間も反撃している。お互いが出した武器カードの合計で襲撃の成否が決まるが、引き分けの場合は生存する。


こんな感じで吸血鬼プレイヤーには事前に吸血鬼が誰かはわかっている。なので、あえて人間を操って相手の混乱を誘うのだ。※さらに、吸血鬼だとカミングアウトすることで吸血鬼専用カードを使うことができるようになる。開き直り超大事。相手を倒すことが大きな目的なので、吸血鬼無双をした方が勝利しやすいこともある。

人間側はそれがハッタリなのか本気なのかを探りながら、吸血鬼の正体を暴いて退治していかなくてはならない。

結構しんどいぞ、コレ。

実際だんしゅとプレイしてみたが、ルールの記述がややアバウトで難渋。プレイしたカードの処理に困ることも。カード補充のタイミングも合っているのか自信がない(笑)

とりあえず、1戦目ははもげ率いる吸血鬼側が勝利した。なんかルール間違いをしていたような気もするが、貴重な1勝。

2戦目はだんしゅ率いる人間側が勝利。吸血鬼のハッタリを見破りつつ、着実に吸血鬼が退治されていった。だんしゅ、飲み込み早いよ!

実はプレイ中は「いまいちわかんねーな」と思っていたが、ブログに起こしてみると楽しさのポイントがわかってきたという。

とりあえず吸血鬼としては、攻撃カードを使いすぎないように相手を撹乱しつつ、堅実に倒していくのがいいのかなあ。人間側は聖水で正体を暴きつつ、吸血鬼側の焦りを誘うのがいいみたい。

そこらへんを念頭に置いて、また再戦してみたいぞ!

ちなみにだんしゅいわく「吸血鬼側で場を撹乱するプレイの方がワタシに向いてるかも」とのこと。

次は俺も撹乱されてみたいと思う。
[2013/08/04 23:25] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
<<ボードゲーム会 8月 | ホーム | おい、それは俺のセーヌ橋だぜ!>>
コメント
おフランス
いいね。韮澤靖にアメリカンポップアートを足した感じだ。

本来なら、もう少し太めの輪郭になるのだけども、ステンドグラスの感じも出したくて、ちょい細めにしたのかな?

デザイナーは20代後半と見たね。
好きなデザインを感覚的に表現してる。
もうちょい時代検証をして、当時の技術的制限を考慮すると、より印象的になると思うよ。

デザイナー教えてくださると幸い。

アートワークなら、おフランスのゲームもカッコいいね。アド・アストラとか。

後、スペインと台湾も要チェック。
国産は10年~20年くらい前にウケたのを焼き直した感じに思える。


[2013/08/05 20:04] URL | せおぽん #Dy/VPRfo [ 編集 ]
せおぼんさん
ゲームデザイナーは美味しい食べ物とバドミントンを愛するFilip Miłuńskiというポーランド人だそうですヨ。アートワークはPi&Sigma Design studioだそうです。この不思議な雰囲気は、東欧ならではでしょうかね? 吸血鬼発祥の地だけあります。
ボドゲのアートワークは、職業柄色々感じ入るところもありますが『パンデミック 日本語版』だけは許せません(笑)ゲームが面白いだけになおさら。




[2013/08/05 21:47] URL | はもげ #- [ 編集 ]
情報ありがとうございます。
なるほど。
ちょっと調べたら、ポーランドも独特なデザイン文化があるみたいですね。
いやー。ボードゲームは勉強になるなー。

パンデミックはアレはアレでいいかな。
ニュースで感染情報を見てるみたいで。
[2013/08/06 18:29] URL | せおぽん #Dy/VPRfo [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://daifuco.blog.fc2.com/tb.php/69-beae79a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。