フレスコ 2人プレイ
この前ね、俺ペンギン見てきたんですよ。最近『それは俺の魚だぜ!』とか『ウサギの騎士団とペンギンの軍隊』とか、いろいろペンギンづいてたので、感慨深いものがあったんだ(?)。

旅程の道すがら、ヨドバシカメラの玩具エリアを覗いたらなんとボードゲームがたくさん! もちろん専門店には及ばないけど、テンションは最高潮に!
同じくテンションの上がっただんしゅの要望もあり購入してしまったのがこの『フレスコ 完全日本語版』。


【ルール概要】
絵画工房の親方になって、絵画を修復するゲームだ! 自分の徒弟を顔料市場に派遣したり、フレスコ画を修復させたり、顔料を調合して新しい色を作ったりさせるのだ。


こんな感じで伏せられたパネルに描かれた顔料(基本が赤青黄、調合色が橙紫緑)を支払って、勝利点を稼いでいく。白いノッポコマは「大司教」で、周囲のパネルを修復すると勝利点ボーナスがつく。偉い人にゴマをするのも大事な仕事でゲスよ。ゲヘヘヘ。


衝立の手前が徒弟コマ。小物感たっぷり。コイツらをどこに派遣するかをプロットして、今回は何の作業をさせるかを決める。勝利点の高いパネルを修復したいので顔料を調合したいし、調合の元になる顔料を買い出しにも行かせたい…。このゲームの悩ましいところだ。


各プレイヤーの行動順は、早起きした工房順に決まる。ということはぜひ早起きしたい! だが早起きさせ過ぎると徒弟たちの機嫌が悪くなり、逃亡者が出たりする。逆にチヤホヤして朝ゆっくりだと、徒弟コマが増える。

「ウチの工房、超ユルいからお前も来ないか」的な感じか?

プレイヤーからしたら「徒弟ども、やる気だせよ! 」と言いたいところだが、この行動順決定のシステムも悩ましくて楽しい。徒弟の機嫌をとる親方の姿を想像して、思わず苦笑いせざるをえない(笑)



実際にだんしゅとプレイしてみた。2人プレイだと「レオナルド」君というダミープレイヤーを交互に担当することになるが、詳しいことは割愛。うまく使うと、相手の妨害や自分の利益につながるプレイができるニクいヤツだ。

だんしゅ「こういう作る系ゲームって燃えるよね。負ける気しないし」
はもげ「俺も一応勝つ気でいるが、この手のゲームは負けても楽しいよね」

と、チマチマしたコマのやり取りに楽しさを見い出す小市民な2人。

買いに行かせたり調合したりしてだいぶ顔料も貯まってきた。これを使って絵画を修復だ!

2人して絵画に励んでいる最中、パネルの下からその姿を表すフレスコ画。上手いかどうかは微妙だが、なんとも「修復している感」を煽るニクい演出だ。このゲームのデザイナーはわかってるね、色々。


途中で「レオナルド」君の妨害にあったり、調合を間違えて使うアテのない顔料を作ったりしたが楽しくプレイ。


結果ははもげ87点、だんしゅ90点!

だんしゅ「勝った~! このゲームコマがたくさんあって楽しい♪」
はもげ「負けた~! ひさびさにドイツっぽいゲームで楽しかった!」

と満悦したのだった。

絵画修復という大きいテーマに「顔料調達+徒弟派遣+調合+機嫌取り」という小さいゲーム要素が上手くハマったいいゲーム! テーマとシステムに乖離がないので、インストもさほど迷わなかった。

次は拡張セットも追加してやってみるぞ~! サボらない徒弟はどこだ~!

あ、長くなりましたが「ペンギンを見に行ったヨ」という話です。
[2013/08/21 23:12] | ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<自宅でボドゲ | ホーム | ボードゲーム会 8月>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://daifuco.blog.fc2.com/tb.php/71-8936e75a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |